メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

脳が損傷を受けるとさまざまな機能障害が起こります。障害の範囲は、(昏睡のときのような)完全な意識消失から(せん妄のときのような)見当識障害と注意力の欠如、さらには意識的な行動を行うための種々の機能的欠陥まで多岐にわたります。脳の機能障害の種類と重症度は、脳が受けた損傷の範囲、部位、原因となった病気の進行速度によって決まります。

脳の機能障害は広範囲(びまん性)のことも、特定の領域に限定して(限局性)起こることもあります。びまん性の機能障害は、脳の広い範囲を侵す病気によって起こります。この原因となる病気には、低血糖や血中酸素量の減少(通常は肺や心臓の病気による)などの代謝異常を起こす病気、髄膜炎や脳炎などの感染症、重度の高血圧または低血圧などがあります。びまん性の脳機能障害は、脳の広い領域を腫れさせたり圧迫したりする病気によっても起こります。たとえば脳腫瘍(のうしゅよう)、脳膿瘍(のうのうよう)、重症の頭部外傷などです。ある種の薬、たとえばオピオイド(麻薬)、いくつかの鎮静薬(ベンゾジアゼピン系の薬や、バルビツール酸系の催眠薬など)、抗うつ薬などは、使用する人(高齢者など)にとって薬の作用が強すぎたり血液中の濃度が高すぎたりすると、びまん性の脳機能障害が起こります。

限局性の脳機能障害は、脳の特定領域だけを侵す病気で起こります。これには、脳腫瘍などによる構造異常、特定領域への血流を(つまり酸素も)減少させる脳卒中などの病気、一部のてんかん性疾患などがあります。

脳の特定の領域が傷ついた場合

脳の特定の領域が傷ついた場合

脳の各領域は、それぞれ独自の機能をコントロールしています。そのため、損傷を受けた脳の領域によって失われる機能が決まっています。

脳機能障害の重症度は、脳が損傷を受けた範囲と部位によって決まります。大脳皮質などの比較的広い場所では、受けたダメージの広がりに応じた機能障害が起こります。つまり障害の範囲が広くなるほど、それだけ機能障害も重症になる可能性があります。ところが(体の重要な機能と意識レベルを調整している)脳幹などの狭い領域では、比較的小さなダメージであっても完全に意識が失われて死につながる危険すらあります。

速く進行する病気ほど、脳の機能障害の症状も顕著に現れる傾向があります。たとえば急激に大きくなる脳腫瘍の方が、ゆっくりと大きくなる脳腫瘍よりも機能障害がひどくなります。急激な変化よりもゆるやかな変化の方が、脳の機能補正が容易だからです。

受けたダメージに対する脳の代償作用と回復力は、脳がもっている次の3つの特性によるものです:

  • 重複性(脳の機能の多くが、2つ以上の領域でコントロールされている)。
  • 適応性(一部重複した機能をもつ領域が、失われた機能を代償する)。
  • 可塑性(ある種の領域は、別の機能に変更できる)。

このように無傷な領域が、ダメージを受けた領域の機能を引き継いで、脳を回復へと導きます。しかし年をとるにしたがって、ある領域の機能を別の領域が引き継ぐ能力が衰えてきます。視力などのいくつかの機能は、脳の他の部位が代行することができません。これらの機能の領域が直接ダメージを受けると、その障害はいつまでも残ります。

個人情報の取扱いご利用条件