メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

腫瘍(しゅよう)とは、非癌性(良性)か癌性(悪性)かにかかわらず、異常な細胞の増殖を指します。体の多くの部分で、非癌性の腫瘍は、ほとんどあるいはまったくトラブルを起こしません。しかし脳や脊髄(せきずい)では、どんな異常増殖やかたまりであろうと、大きなダメージを受けます。

癌は体のどこにできても、たとえ神経組織に広がっている証拠がなくても、神経系の機能不全の原因になります。こうした異常は腫瘍随伴症候群と呼ばれます(腫瘍随伴症候群とはを参照)。症状としては、痴呆、気分の変動、けいれん発作、協調運動障害、めまい、複視、異常眼球運動などがあります。最も多い多発神経障害は末梢神経系の機能不全(末梢神経の障害: 多発神経障害を参照)で、筋力低下、しびれ、チクチクと刺すような痛みを生じます。

個人情報の取扱いご利用条件