メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

神経系への放射線障害

-
-

癌への放射線療法中、放射線による神経系への損傷を防ぐために細心の注意が払われますが、ときには防ぎきれないこともあります。放射線による外傷の症状は、突然現れるものも徐々に現れるものも、同じ症状が続くものも悪化するものもあり、一時的なものも一生続くものもあります。また、放射線療法の終了後、数カ月あるいは数年が経過するまで症状が現れないこともあります。

脳が放射線にさらされると、急性脳症が起こり、脳に水がたまる脳浮腫、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気、錯乱などの神経症状が現れます。急性脳症は、通常放射線照射の初回または2回目を終えた後まもなく現れますが、放射線療法の終了後2〜4カ月もたってから現れることもあります。症状は放射線療法を行っている間に目立たなくなることが多く、デキサメタゾンなどのステロイドが脳浮腫の軽減や予防に有効です。

放射線療法後何カ月あるいは何年もたってから現れる脳障害の症状は、遅発性放射線障害と呼ばれます。この影響は、成人の脳腫瘍の治療後や、小児白血病に対して予防的に行われる放射線療法後に起こります。痴呆の悪化、記憶喪失、思考障害、認知障害、人格変化、歩行の不安定などの進行性の症状が現れます。

頸部や胸部への放射線照射によって脊椎が損傷すると、放射線ミエロパシーが引き起こされ、発症すると電気ショックのような感覚があります。この異常感覚は首や背中で始まり、通常は首を前に曲げたときに衝撃が一気に脚まで伝わります。このタイプの放射線ミエロパシーは、普通治療しなくても症状は改善します。

放射線療法終了後何カ月も何年もたってから発症するものは、遅発性放射線ミエロパシーと呼ばれます。この異常は脱力や感覚消失、ときにはブラウン‐セカール症候群を引き起こします。ブラウン‐セカール症候群を発症すると、脊髄の片側が損傷を受けるため、体の片側の筋力が低下し、もう一方の側は痛みや温度の感覚が失われます。筋力が落ちた側の手足の位置を、眼で見なければ認識(位置感覚)できなくなります。遅発性放射線ミエロパシーは治らず、多くの場合麻痺を生じます。

放射線照射部位の近くにある神経も、損傷します。たとえば、乳房や肺への照射によって腕の神経が傷ついたり、鼠径部(そけいぶ)への照射によって脚の神経が損傷したりします。その結果、脱力と感覚の消失が起こります。

個人情報の取扱いご利用条件