メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

脳膿瘍

-
-

脳膿瘍は、脳に局所的に膿がたまる病気です。

脳膿瘍は、かなり珍しい病気です。原因は、頭部のどこか(歯、鼻、耳など)で起きた感染の脳への拡大、脳まで達した頭部外傷、体の他の部位で起きた感染が血流から脳へ波及するなどです。黄色ブドウ球菌バクテロイデス‐フラジリスを含む多くの種類の細菌が脳膿瘍を起こします。原虫のトキソプラズマ‐ゴンディ(寄生虫による感染症: トキソプラズマ症を参照)は、エイズ患者の脳膿瘍の主な原因の1つです。

脳膿瘍は、周辺の脳組織の腫れを起こし、頭蓋内圧が上昇する原因になります。膿瘍が大きくなるにしたがって、腫れと内圧も増大します。

症状と診断

脳膿瘍の症状は、膿瘍の発生部位、大きさ、膿瘍周囲の炎症と腫れの範囲により多くの異なるものがあります。頭痛、吐き気、嘔吐、眠気、てんかん発作、人格変化、その他の脳機能不全の徴候などが数日から数週間かけて現れます。最初に発熱と悪寒が現れますが、体がもつ抵抗力によって感染が治まると消えます。

脳膿瘍の診断に最適の検査はCT検査やMRI検査で、すぐに異常が見つかります。しかし脳腫瘍や脳卒中による損傷は膿瘍と似ているため、診断を確定するには追加検査が必要です。磁気共鳴スペクトロスコピーと呼ばれる特殊なMRI検査によって、膿瘍内の壊死組織と腫瘍の増殖細胞を識別できます。

写真

脳膿瘍

脳膿瘍

ときには、顕微鏡検査用のサンプルを採取するために脳組織の生検が必要になります。生検は、CT画像をガイドに使って針を患部まで進めていきます。この方法は定位生検と呼ばれ、頭蓋に金属製の撮影用フレームが装着されます。フレームには一連のロッドが取りつけられて、このロッドはCT画像上に点で現れます。フレームとロッドを基準点にして生検針を進めていきます。採取された膿のサンプルを使って、顕微鏡検査と培養が行われます。

治療

脳膿瘍は、抗生物質と可能な場合は手術を行って治療しなければ、死に至る病気です。最もよく使用されるのは、ペニシリン、メトロニダゾール、ナフシリン、セフチゾキシムなどのセファロスポリン系抗生物質です。通常は4〜6週間投与を続けますが、2週間ごとにCTやMRIで検査して治療に対する反応をチェックします。膿瘍が小さくならない場合は、定位脳手術法で穿刺針を膿瘍まで到達させ膿を吸引するか、開頭手術で膿瘍全体を切除します。回復の速さは、手術の成功度、膿瘍の数、患者の免疫系の機能によって左右されます。脳膿瘍の原因がトキソプラズマ原虫や免疫系の障害の場合は、抗生物質を一生服用し続けなければなりません。

脳膿瘍による腫れと頭蓋内圧上昇は、脳に永久的な障害を残すため、積極的に治療します。デキサメタゾンなどのステロイドや、腫れと頭蓋内圧の減少効果があるマンニトールなどが投与されます。

個人情報の取扱いご利用条件