メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

硬膜下膿瘍

-
-

硬膜下膿瘍は、脳自体ではなく、脳と脳を包む髄膜の間に膿がたまる病気です。

硬膜下膿瘍の原因は、副鼻腔感染、重症の耳の感染症、頭部の外傷、手術、肺感染症後に現れる血液感染症などです。細菌の種類は脳膿瘍と同じです。

脳膿瘍と同様に、硬膜下膿瘍でも頭痛、眠気、てんかん発作、その他の脳機能不全の徴候が現れます。症状は数日かかって発展し、治療しなければ、急速に進行して昏睡に陥り死亡します。

診断にはCTやMRIによる検査が最適です。脊椎穿刺はこの病気にはほとんど役に立たず、危険さえあります。乳児では、大泉門(頭蓋骨の間の軟らかな場所)から直接膿瘍まで針を差しこんで膿を抜けることがあります。膿が吸引されると脳圧が下がり、診断の手がかりが得られます。

硬膜下膿瘍は、外科的に排膿しなくてはなりません。副鼻腔の異常が原因で感染が起きている場合は、外科医はそちらの修復も同時に行います。抗生物質が静脈投与されます。

個人情報の取扱いご利用条件