メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

寄生虫感染

-
-

世界のいくつかの地域で、虫や寄生虫などによって脳感染症が起きています。

嚢虫症(のうちゅうしょう)は、有鉤条虫の幼虫による感染で、西半球で最も多い寄生虫感染症です(寄生虫による感染症: 条虫感染症を参照)。人が嚢虫の卵子に汚染された食物を食べると、胃液の作用で卵が孵化して幼虫になります。幼虫は血液中に入り、血流に乗って脳を含む体のあちこちへ移動します。幼虫がつくる嚢胞が、頭痛とけいれん発作を引き起こします。嚢胞が退化して幼虫が死ぬと炎症と腫れを起こし、頭痛、けいれん発作、筋力低下、体の一部にチクチクする感覚などの神経学的症状が現れます。感染の治療には、アルベンダゾールやプラジカンテルが用いられ、幼虫の死がもたらす炎症の抑制にはステロイドが使用されます。

エキノコックス症(包虫症)と共尾虫症は、別種の条虫類の幼虫による感染症です。エキノコックス症では、脳に大きな嚢胞が生じます。共尾虫症でも嚢胞ができ、脳周囲の脳脊髄液の流れが遮られます。住血吸虫症は、住血吸虫による感染症です(寄生虫による感染症: 住血吸虫症を参照)。エキノコックス症、共尾虫症、住血吸虫症は、嚢虫症と同様の神経症状を引き起こします。これら3つの感染症は、アルベンダゾール、メベンダゾール、プラジカンテル、パモ酸ピランテルなどで治療しますが、手術で嚢胞を切除しなければならないこともあります。

個人情報の取扱いご利用条件