メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

クールー

-
-

クールーもプリオン病の1種で、精神機能を急速に悪化させます。以前には、ニューギニア高地の先住民の間で多く発生していました。

クールーは、1960年代初めまではニューギニアで多く発生しました。死者の弔いに人肉を食べる儀式が原因で、プリオンが感染したと考えられています。この儀式では、親族が死者の組織を食べることが故人に敬意を表するものとされ、特に死者の脳が与えられた女性と小児にクールーが多発しました。すでに、これらの儀式はほとんど廃れたため、クールーの発生も事実上なくなっています。

症状には、筋肉の協調運動の消失、歩行困難が含まれます。腕や脚は硬直し、筋肉のふるえが起こります。異常な不随意運動で、手脚や体が繰り返しクネクネと動いたり、引きつったりします。感情の起伏が激しく、悲しんでいると思えば突然大声で笑い出したりします。クールー患者は痴呆を起こし、最終的には、話せなくなり周囲に対して無反応になります。ほとんどの人が、発病から約3〜24カ月後に、肺炎や褥瘡(床ずれ)による感染症を起こして死亡します。

個人情報の取扱いご利用条件