メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

事故による脊髄損傷

-
-

脊髄が事故で傷つくと、断裂、鈍的損傷、圧迫(骨折、骨の腫れ、出血などによる)が起こることがあります。

脊髄は組織化されているため、脊髄が損傷すると常に損傷部位より下方の神経機能が失われます。たとえば背中の真ん中の脊髄がひどく損傷すると、腕は正常に動きますが脚が麻痺します。侵された領域の感覚と筋肉の運動機能が失われます。

脳の支配を受けていない反射はそのまま残っていますが、損傷部位より下方の部位では反射が増大することさえあります。たとえば膝蓋腱反射(しつがいけんはんしゃ)では、膝のすぐ下を小型のハンマーで軽くたたくと、正常であれば下肢が上方に跳ねますが、脊髄が損傷していると脚がれん縮する結果、痙性麻痺の症状が現れます。これは膝蓋腱反射をコントロールする筋肉が緊張して硬直し、断続的に収縮して脚の引きつりを起こすためです。

麻痺と感覚消失が体の一部や全身に起きて、それが一時的に現れたり永久に続いたりします。外傷により脊髄が断裂したり脊髄の神経路が破壊されると、機能は永久に失われます。一方鈍い衝撃による脊髄損傷では、消失は数日から数週間あるいは数カ月症状が続く一時的なものになります。麻痺が完全ではなく、損傷後1週間以内に運動と感覚の機能が戻ってくれば、回復の見込みは大きくなります。6カ月以内に機能が回復しない場合は、一生機能が戻らない可能性があります。

脊髄損傷によって脱力や麻痺を起こした患者は、褥瘡(床ずれ)、尿路感染症、肺炎を起こすリスクが高くなります。

治療

最初の目標は損傷の拡大を防ぐことです。脊髄を損傷したらしい患者を病院へ搬送するときには、最大の注意が払われます。通常は、負傷者を硬い板の担架に乗せ、体が動かないように慎重にパッドを挟んでベルトで固定します。脊髄が損傷していると、脊椎がわずかに動いただけでも麻痺が永久的になる可能性が増えるからです。

通常、外傷周辺部の腫れを抑えるため、医師はすぐにメチルプレドニゾロンなどのコルチコステロイドを注射します。効果を上げるためには、外傷後8時間以内に薬の投与を開始する必要があり、その後も約24時間治療を続けるべきです。筋弛緩薬(シクロベンザプリンなど)と鎮痛薬(イブプロフェンなど)は、けいれんの治療に用いられます。脊椎骨折などの場合は、動かすと新たな損傷を招くため、外科医は金属製の棒を手術で埋めこみ、脊椎を固定します。そして、神経外科医はその後に脊髄周辺にたまった血液や骨の断片をすべて取り除きます。

 脊髄や脊椎が治癒している期間は、合併症を予防するための専門的看護が必要になります。褥瘡(じょくそう:床ずれ)を防止するために(床ずれ(褥瘡): 予防参照)、看護師は毎日皮膚をチェックし、乾燥と清潔を保ち、頻繁に体位を変換しなければなりません。必要ならば、ストライカー枠と呼ばれる特殊なベッドが用いられます。これは、回転して圧力のかかる部位を前後左右に移動します。患者が動けずトイレが使えない場合は尿道カテーテルが必要になります。尿路感染のリスクを減らすために滅菌されたカテーテルが無菌操作で入れられ、毎日抗菌薬の軟膏(なんこう)や液が塗られます。肺炎のリスクを減らすために療法士と看護師から深呼吸の方法を習います。たんが出やすい角度に体を傾けるなどの指導(体位ドレナージ)も行われます。

体の機能が広範囲に失われると、絶望的になり、うつに陥ったり自尊心を失うことがあります。何が起きたのか、近い将来あるいは遠い未来に何が期待できるかを正確に学ぶことによって、障害と闘う勇気が出ます。理学療法や作業療法(リハビリテーション: 理学療法を参照)は筋肉の機能維持に効果があり、療法士は患者に失われた機能を克服するための技術を指導します。ほとんどの人が専門的看護、心理カウンセリング、家族や親友の精神的支援に支えられています。患者の家族にもカウンセリングが有効です。

個人情報の取扱いご利用条件