メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

急性横断性脊髄炎

-
-

急性横断性脊髄炎は、脊髄に局所的な炎症が起こる病気で脊髄を行き来する神経の電気信号の経路が遮断されます。

急性横断性脊髄炎の原因は不明ですが、免疫系が自分の体を異物だと誤解して攻撃する自己免疫反応によることがあります。患者の約30〜40%は、別の軽いウイルス感染症にかかった後に発症します。多発性硬化症患者、ライム病、梅毒、結核などの細菌感染症にかかっている人と、ヘロインやアンフェタミンを静脈注射している人は、急性横断性脊髄炎のリスクが高くなります。

症状

急性横断性脊髄炎は突然の背中の痛みで始まり、両足のしびれや脱力が体の上方へ広がっていきます。脊髄炎が起きているレベルの胸や胃の周りに、ベルトで締めつけるような苦しさを感じます。排尿困難も起こります。これらの症状は数時間から数日かけて悪化し、重症になると麻痺、感覚消失、膀胱と腸管のコントロールの消失を起こします。障害の程度は、炎症を起こした脊髄のレベルと炎症の重症度によって決まります。

診断と治療

急性横断性脊髄炎は、同様の症状を引き起こす他の病気、たとえばギラン‐バレー症候群、脊髄の圧迫、脊髄の血流遮断などと区別しなければなりません。これらを除外するために脊椎穿刺を行います(脊椎穿刺の実施方法を参照)。急性横断性脊髄炎が起こると脳脊髄液中にある種の白血球の数とタンパク質濃度が増大しますが、この所見だけでは結論が出ません。MRI検査は脊髄の腫れを検出できます。この病気では血液検査が役立つことはまれです。

急性横断性脊髄炎に関与していると思われる免疫系を抑制するために、プレドニゾロンなど高用量のステロイドが投与されます。しかし、この薬の有益性は多発性硬化症を併発している患者でしか実証されていません。

急性横断性脊髄炎では、ほとんどの患者が少なくとも部分的には回復し、多くは完全に回復します。しかし脱力としびれが消えない人も少なくありません。全般的に、症状が早く現れるほど回復の可能性が高くなります。

個人情報の取扱いご利用条件