メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

血流の遮断

-
-

他の組織と同様に脊髄も酸素を含む血液を必要とします。大動脈の分枝が脊髄前面に送られる血液の大部分を供給しています。したがって、それらの動脈のどれか1本でも閉塞すると、脊髄は悲惨なことになります。動脈が閉塞する原因には大動脈の重度のアテローム動脈硬化、大動脈壁を構成する組織層が分離する大動脈解離、心臓の壁からはがれた血栓(血流に乗って移動し、他の血管に詰まると塞栓となる)などがあります。また腹部大動脈の動脈瘤手術が引き金となって、脊髄に血液を送っている動脈が閉塞することがあります。

症状

最初の症状は背中の突然の痛みと、障害が起きた脊髄の領域から神経分枝が通っている部分の痛みです。痛みに続いて、血流が遮断された神経レベルより下方では脱力が起こり、熱さ、冷たさ、痛みを感じられなくなります。発症後の数日間に症状が最も顕著に現れ、少なくとも一部は時間の経過とともに回復します。脊髄前部へ送られる血液の量は大幅に減少しますが、脊髄後部は別の血管からも血液が供給されるため影響を受けません。そのため、脊髄前部にコントロールされている脚にしびれと麻痺が起こりますが、脊髄後部に伝達される感覚、たとえば触覚、振動感覚、手足の位置を眼で見ずに認識できる位置感覚などは正常のままです。

脱力と麻痺は、褥瘡や呼吸困難の発症につながります、膀胱と腸の機能が障害され、性的機能も同様です。

診断と治療

診断は、症状に基づいて行われます。MRI検査または脊髄造影(脳、脊髄、神経の病気の診断: 脊髄造影を参照)が、同様の症状がみられる他の病気を除外するのに有効です。横断性脊髄炎の除外には、脊椎穿刺(脊椎穿刺の実施方法を参照)が行われます。血管造影は、脊髄前部動脈の閉塞の診断に役立ちますが、普通は行われません。

治療は、症状を軽減するために行います。感覚が失われて麻痺を生じるため、褥瘡を防止することが重要です。たんを排出するために深呼吸、体位ドレナージ、吸引が必要になることもあります。理学療法と作業療法(リハビリテーション: 理学療法を参照)は、筋肉機能の維持に必要です。膀胱の機能が阻害された場合は、カテーテルで膀胱から尿を排出することも必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件