メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

胸郭出口症候群

-
-

胸郭出口症候群は、手・肩・腕に痛みやチクチクするしびれなどの異常感覚を引き起こす、定義があいまいな一連の病気を指します。

胸郭出口とは、首と胸の間にある通路で、食道、主要な血管、気管、多くの神経がこの通路の中を通っています。わずかなスペースを多くの器官が通っているため、腕へ伸びる血管や神経が肋骨とそれを覆う筋肉に圧迫されると問題が起こります。しかし、これらの障害の正確な原因はしばしば不明です。ごくまれに、頸肋(けいろく)と呼ばれる首の過剰な小肋骨が動脈を圧迫していたり、鎖骨下動脈のうちの1本が閉塞しているなど、明らかな解剖学的異常が原因のこともあります。鎖骨下動脈は、鎖骨の下にある動脈で腕に血液を運んでいます。

症状と診断

痛みとチクチク刺すような感覚が、通常は腕の内側に沿って起こり、わきの下へ広がることもあります。鎖骨下動脈のうちの1本が圧迫されると、手・腕・肩が腫れたり、それらを覆う皮膚が、酸素不足のためにチアノーゼと呼ばれる青白い色に変色します。動脈が強く圧迫されると、冷気にさらされたときに指先が白くなる現象(レイノー症候群)が起こります。重症の場合は、圧迫された指の組織が壊死します。

胸郭出口症候群の診断は、その人の病歴、診察所見、いくつかの診断学的検査を統合して行われます。神経伝導試験と筋電図(脳、脊髄、神経の病気の診断: 筋電図を参照)は、胸郭出口症候群に特有の異常を検出できます。聴診器を鎖骨の上や腋窩の上方に当てると、医師には圧迫された動脈を血液が流れるときの異常音が聞こえるでしょう。腕の動脈(上腕動脈)の血管造影は、異常な血流を発見するために行います。この検査では、血流に放射線を通さない造影剤を注入後にX線撮影します。しかし、これらのどの検査でも、胸郭出口症候群の診断や除外診断は確定されません。

治療

胸郭出口症候群の人の大半は、理学療法と運動によって症状が改善します。鎖骨下動脈の構造的欠陥や閉塞が確認された場合には、手術が必要です。しかし、確定診断が困難なことと、手術をしても症状が消えないことが多いため、ほとんどの医師が手術を避けています。

個人情報の取扱いご利用条件