メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

多発単神経炎

-
-

多発単神経炎は、体の別の部位にある2本以上の末梢神経に同時に機能不全が起こる病気です。

数本の神経だけが侵される多発単神経炎は、体の両側の同じ領域にある多数の神経が侵される多発神経障害とは通常区別されます。

多発単神経炎を起こす病気はいくつかあり、それぞれ特徴的な症状が現れます。多発単神経炎の原因で最も多いのは、おそらく糖尿病です。しかし糖尿病は、多発神経障害を起こす方がさらに多くなります。多発単神経炎の他の原因は、結節性多発動脈炎、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、関節リウマチ、サルコイドーシス、アミロイドーシス、ライム病、HIV感染症などがあります。ハンセン病では、細菌が直接神経に侵入して多発単神経炎を引き起こします。治療は、原因によります。

個人情報の取扱いご利用条件