メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

片側顔面けいれん

-
-

片側顔面けいれんは、顔の片側に起こる不随意な収縮を指します。

片側顔面けいれんは男女ともに起こりますが、最も多いのは中年から高齢の女性です。けいれんは動脈の位置異常や、脳幹からの出口に位置する第7脳神経が動脈の屈曲部に圧迫されて起こります。顔の片側の筋肉が不随意に収縮し、通常はまぶたから始まってほおや口へ波及します。収縮は初期には断続的ですが、やがてほぼ持続するようになります。本質的に痛みはありませんが、けいれんに当惑させられます。

診断は、けいれんの症状を眼で確認して行われます。MRI検査で動脈の異常を発見するのはまれですが、腫瘍を除外するために実施すべきです。

ボツリヌス毒素が治療薬として選択されます。これを侵されている筋肉に注射します。この治療がうまくいかないときは、神経と異常な動脈を分離して両者の間に小さなスポンジを埋めこむ手術が行われます。

個人情報の取扱いご利用条件