メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

身体醜形障害

-
-

身体醜形(しんたいしゅうけい)障害では、自分の外見に欠点があるという思いこみに過度にとらわれた結果、深く悩んだり機能障害が生じたりします。

身体醜形障害の人は、実際には欠陥はまったくないか、あったとしてもごくわずかであるにもかかわらず、自分の外見に欠陥があると思いこんでいます。青年期に発症することが多く、発症率に男女差はないようです。

症状

症状は徐々に生じる場合もあれば、突然発症することもあります。症状の激しさには個人差がありますが、治療しないと長びく傾向があります。最も多い悩みは顔や頭に関するものですが、これ以外の部位の場合もあり、悩みのある部位が変わることもあります。たとえば、髪が薄くなってきたことや、にきび、しわ、傷あと、肌の色、顔の毛深さなどが悩みの種となります。また、鼻、目、耳、口、胸、尻といった体の部分の形や大きさで悩む人もいます。がっちりした体格の若い男性が、自分の体は貧弱だと思いこみ、体重と筋肉をつけようと取りつかれたように必死になる場合もあります。

多くの場合、身体醜形障害の人は自分の思いこみから逃れることができず、毎日何時間も外見について思い悩みます。多くの人は頻繁に鏡で自分の姿を見ますが、逆に一切鏡を見ようとしない人もいます。また、これらの両極端な行動を交互に繰り返す人もいます。大半の人が、たとえばひげを伸ばして傷あと(と思っている部分)を隠したり、帽子をかぶって髪の薄くなったところ(と思っている部分)を隠すなど、あると思いこんでいる悩みの個所を隠そうとします。多くの人が、内科、歯科、外科などの治療をときには繰り返し受け、悩みのある部分を矯正しようとしますが、そうすることでかえって悩みが強まってしまうこともあります。

身体醜形障害の人は自意識が強いため、仕事に出かけたり社会活動に参加することを含めて、人前に出るのを避けようとします。夜間にしか外出しなくなったり、まったく外に出なくなる人もいます。その結果、社会的に孤立した状態に陥る場合もあります。身体醜形障害から生じる苦痛や心身の機能不全のために、入退院を繰り返したり、自殺を図ることがあります。

診断と治療

身体醜形障害の人は自分の症状について話したがらないため、何年間も障害が見過ごされることがあります。正常な人にも外見に関する悩みはごく普通にみられますが、身体醜形障害の場合は悩みに非常に多くの時間を費やし、激しい苦悩や機能障害が生じている点が異なります。

効果的な治療に関する情報はあまりありません。抗うつ薬のセロトニン再取り込み阻害薬はしばしば効果的です。認知行動療法も症状を軽減させるのに役立ちます。

個人情報の取扱いご利用条件