メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

むちゃ食い障害

-
-

むちゃ食い障害は、排出行動を伴うことなく、大量の摂食を行うのが特徴です。

この障害では大量の摂食によりカロリーを過剰に摂取するため、体重が増加します。神経性大食症とは異なり、むちゃ食い障害は太った人に多く、体重が重い人ほどこの障害になる割合は高くなります。神経性無食欲症や神経性大食症の人よりも年齢が高く、男性の割合も比較的高い(ほぼ半数近く)という傾向がみられます。

むちゃ食いをする人は高カロリー食品(たとえばケーキやアイスクリームなど)を好むことが多く、むちゃ食い行為は通常は隠れて行われます。

むちゃ食い障害の人は自分の行為について悩んでいて、肥満でむちゃ食い障害のある人の約50%に抑うつがみられます。神経性大食症で生じるような身体的な問題を引き起こすことはありませんが、肥満とその合併症につながる場合があります。

治療

むちゃ食い障害に最も適した治療法は、肥満の治療に用いられるのと同様の行動療法です。むちゃ食いに特に焦点をあてなくても、行動療法によって体重やむちゃ食いの回数を減らせることが示されています。これに対し、認知行動療法はむちゃ食いの回数を大幅に減らすには有効ですが、体重を減少させる効果は期待できません。

個人情報の取扱いご利用条件