メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

健忘および類似の障害は、解離性障害として分類されています。解離性障害の中には、解離性健忘、解離性とん走、解離性同一性障害、離人症性障害などがあります。通常、解離性障害は極度のストレスが引き金となって突発的に発症します。ストレスは、衝撃的な出来事、事故、災害などを体験したり目撃することで引き起こされることがあります。あるいは、あまりにも耐えがたい心理的な葛藤から、相いれない情報や受け入れがたい感情を意識的な思考から切り離さざるをえなくなったため発症する場合もあります。

個人情報の取扱いご利用条件