メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

解離性健忘

-
-

解離性健忘は健忘の1種で、心の傷やストレスが原因で自分にとって重要な情報が思い出せなくなる状態をいいます。

最近のことや昔の出来事をまったく覚えていなかったり、部分的に思い出せなくなることを健忘といいます(脳の機能障害: 健忘症を参照)。解離性健忘は健忘の1種で、その原因が体の障害でなく精神的なものである場合をいいます。健忘は、急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害、身体化障害など、他の障害の症状として現れる場合もあります。

解離性健忘の場合、普通は意識的に自覚している日常にかかわる情報や、自分自身についての記憶(自分がだれなのか、何をしたか、どこへ行ったか、だれと話したか、何を言ったか、何を考えたか、何を感じたかなど)が失われます。情報自体は忘れてしまっていても、その人の行動には引き続き影響を与えていることもあります。

解離性健忘の場合、数分間から数時間、あるいは数日間に及ぶ記憶の空白期間があり、その期間が1つだけの場合もあれば、複数の場合もあります。ときには何年間にもわたる記憶や、それまでの人生のすべての記憶が欠落してしまうこともあります。解離性健忘の人の大半は「時間を失った」ことを認識しています。しかし中には、記憶にないが確かに自分が何らかの行為をしたことを認識したり、その証拠を示されて初めて、記憶の欠落に気づく人もいます。解離性健忘の人は、ある期間に起きた出来事の一部を忘れているだけでそれ以外は覚えている場合もあれば、それまでの全人生を思い出せない場合や、起きたことを次々に忘れてしまう場合もあります。

この障害は若い成人に最も多くみられ、特に戦争、事故、自然災害などを体験した人によくみられます。また、小児期に受けた性的虐待の記憶が失われ、成人になってから思い出すこともあります。また、心の傷となる体験後しばらくの間、解離性健忘が起こることもあります。記憶を取り戻しても、だれかに確認しない限り、それが本当に過去に起きたことを反映しているものかどうかはわかりません。

症状と診断

解離性健忘の最も一般的な症状は、記憶の喪失です。健忘が起きた直後は混乱した様子になることもあります。解離性健忘の人の多くは、健忘によって軽度の抑うつ状態になったり、大きな苦痛に悩まされる場合もあります。

診断にあたっては症状を注意深く観察し、体を診察して健忘に身体的な原因がないかどうかを調べます。身体的な原因を除外するにはさらに、脳波検査や毒素や薬物を調べる血液検査が必要となる場合もあります。心理検査も行われます。その人の解離体験の特徴をとらえて理解し、治療計画を立てるにあたっては、しばしば特殊な心理検査が役立ちます。

治療と経過の見通し

治療はまず、患者に安心感と信頼感をもたせることから始まります。欠落した記憶が自然には回復しない場合や、緊急に記憶を取り戻す必要がある場合は、記憶想起法がしばしば効果を発揮します。催眠または薬物を利用した面接(アモバルビタールやミダゾラムを静脈内に注射して気持ちを落ち着かせ、鎮静状態にした上で行う面接)により、医師が過去のことについて質問します。

催眠や薬物を利用した面接は、記憶の欠落に伴う不安を軽減するとともに、苦痛に満ちた経験や葛藤を思い出さないようにするために本人が心の中に築いた防御を突破し、あるいはう回するのに役立ちます。医師は、どのようなことを思い出すべきか示唆したり、極度の不安を引き起こしたりしないように注意しなければなりません。この方法で再生された記憶は正確でないこともあるため、別の人による裏づけも必要となります。そのため、この方法で再生された記憶が正確でない場合もあることをあらかじめ本人に告げ、本人の同意を得てから、催眠または薬物を利用した面接を行います。

記憶の空白期間をできるだけ埋めることにより、その人のアイデンティティ(自己同一性)や自己認識に連続性を取り戻すことができます。健忘がなくなった後も心理療法を継続することは、原因となったトラウマや葛藤を本人が理解し、解決方法を見いだしていく上で役立ちます。

大半の人は、欠落した記憶と思われるものを取り戻し、健忘の原因となった心の葛藤の解決に至ります。しかし、中には心のバリアを突き破ることができず、失った過去を再構築できない人もいます。

個人情報の取扱いご利用条件