メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アンフェタミン類

-
-

アンフェタミン類(アンフェタミン型覚せい剤)として分類される薬物には、アンフェタミン、メタンフェタミン(スピード、クリスタル)、メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA、エクスタシー、アダム)があります。米国では、メタンフェタミンが最もよく使われるアンフェタミン型覚せい剤です。最近はMDMAが増えてきています。アンフェタミン類は通常は経口摂取しますが、鼻から吸う、煙を吸う、注射するといったタイプのものもあります。

アンフェタミン類は、ほぼ連続して使用する場合もあれば、断続的に使用する場合もあります。アンフェタミン類の中には医療用途に承認されていないものや、違法に製造され使用されているものもあります。

アンフェタミン乱用者の中には、抑うつを一時的に軽減するために、アンフェタミン類の作用で気分を高揚させようとする人がいます。ダンスパーティーなど体を激しく動かす活動の際に使用する人もいます。アンフェタミン類は脳に大量のドパミンを分泌させるため、気分の高揚が生じやすくなります。MDMAは他のアンフェタミン類と異なり、脳内のセロトニン(神経伝達物質の1つ)の再取り込みを阻害する作用があります。アンフェタミン類には強い依存性があります。

症状と合併症

アンフェタミン類には覚醒作用があり(疲労を軽減する)、集中力を高め、食欲を減退させ、身体機能を高めます。幸福感、陶酔感、脱抑制(理性による抑制が失われた状態)を誘発することもあります。

アンフェタミン類は脳を刺激するだけでなく、血圧を上昇させ、心拍数を増加させる作用があります。心臓発作のおそれがあり、健康な若いスポーツ選手が心臓発作を起こしたこともあります。脳血管が破裂するほど血圧が高くなり、脳卒中を起こすことがあります。MDMAなどの薬物は、換気の悪い暖かい室内、激しい運動をしているとき(テンポの速いダンスなど)、汗を多量にかき水分補給が十分でないときなどの条件下で使用すると合併症が生じやすくなります。

アンフェタミン類の常用者には、依存性の一部として急速に耐性(ある薬物に体が慣れて効きにくくなる現象)が生じます。使用量はついには、最初の使用量の数百倍を上回るようになります。きわめて大量のアンフェタミン類を使用している人の大半には、重度の不安、妄想、現実感のゆがみが引き起こされることがあります。精神病的な反応として、幻聴や幻視(そこにないものが聞こえたり見えたりする)、無限の力があるという感覚(全能感)などがあります。こういった精神病的な反応はこの薬物を使用すればだれにでも起こることがありますが、統合失調症などの精神障害がある人は、さらに影響を受けやすくなります。

アンフェタミン類を突然やめると、その作用と正反対の症状が生じます。依存が生じている人には、疲れたり眠くなるといった症状が、薬をやめてから2〜3日続きます。激しく不安になったり、落ち着きがなくなったりする場合もあります。また、特に抑うつ傾向のある人は、この薬物をやめるとうつ病になるおそれがあります。自殺の衝動に駆られる場合もありますが、数日間は自殺を試みるエネルギーすらなくなります。

治療

緊急治療が必要となることはめったにありません。妄想や幻覚に対してはクロルプロマジンなどの、鎮静作用や不安を抑える作用のある抗精神病薬を投与します。ただし、抗精神病薬は血圧を急激に低下させることがあります。安心させ、静かで穏やかな環境を整えることが回復を助けます。

脱水症状などの合併症があれば治療が必要です。長期間にわたって常用していた人の場合は、離脱症状が出ている間は自殺行動に走らないように、入院させて監視する必要があります。それ以外の場合は、離脱症状に特に治療は必要ありません。

個人情報の取扱いご利用条件