メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

アフタ性口内炎

-
-

アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)は、痛みを伴う小さな潰瘍が口の中にできる病気です。

アフタ性口内炎は、非常に多くの人が経験しています。

原因は不明ですが、卒業試験中の大学生などがしばしばアフタ性口内炎を起こすことから、ストレスが一因ではないかと考えられています。アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた円形の白い潰瘍のアフタが、唇やほおの内側の軟らかでゆるみがある組織や舌、口底、軟口蓋、咽喉に発生します。小さなアフタ(直径が約1センチメートル未満)が2〜3個群がって発生しますが、10日以内に自然に消滅して傷あとは残りません。大きなアフタ性口内炎ができることはまれですが、形がいびつな大きなアフタができると治るまでに数週間かかり傷あとが残ります。エイズ患者では数週間も消えない大きなアフタができます。アフタ性口内炎を起こす人は、1年に数回の頻度で繰り返します。

症状と診断

アフタ性口内炎の主症状は、その小さなアフタからは予想できないほどの痛みです。痛みは4〜7日続き、特に舌や食べものがアフタに触れたり熱いものやスパイシーなものを食べたりしたときなどに、飛び上がるほど痛みます。重症になると発熱、頸部リンパ節の腫れ、疲労感が現れます。

診断は、アフタの外観と痛みの症状に基づいて行われます。

治療

治療は、アフタが自然治癒するまで痛みを和らげる対症療法が中心になります。ジクロニンやリドカインなどの麻酔薬が、うがい薬として使用されます。これらのうがい薬は口と咽喉をしびれさせるためにものを飲みこみにくくなるので、小児に使用するときは食べたものがのどに詰まらないように注意が必要です。ペースト状にしたリドカイン(粘性リドカイン)を綿棒につけて、直接アフタに塗ることもあります。アフタを保護し炎症を鎮めて一時的に痛みを和らげるためには、コルチコステロイド(トリアムシノロンやベタメタゾンなど)を含む口内炎用軟膏が塗布されます。

複数のアフタができているときには、テトラサイクリン入りのうがい薬が使用されます。アフタ性口内炎が繰り返し起こる場合には、アフタができそうだと感じたら、早めにテトラサイクリンうがい薬を使いはじめます。硝酸銀をアフタに直接塗って潰瘍の下にある神経を破壊して痛みを和らげる方法もあります。

重症の場合にはステロイドを含むデキサメタゾンうがい薬や、場合によってはステロイド内服薬のプレドニゾロン錠剤が使用されます。ただしステロイド薬は単純ヘルペス感染症を悪化させる可能性があるため、医師は使用前に口内に単純ヘルペスウイルスの感染がないことをチェックします。ステロイド薬は、うがい薬や錠剤の方が、軟膏で使用するよりも、体内に多く吸収され副作用の可能性も高くなります(コルチコステロイド薬の使用法と副作用を参照)。

個人情報の取扱いご利用条件