メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

むし歯

-
-

むし歯(う蝕)は歯が浸食された状態で、歯の外側の硬いエナメル質が徐々に溶かされて歯の奥まで侵されていきます。

むし歯は、かぜや歯周病と並んで、万人共通の悩みです。むし歯の治療が正しく行われなければ、むし歯の穴(う窩)はどんどん拡大して、最終的にはその歯全部を抜かなくてはならない事態になります。

むし歯ができるには、むし歯になりやすい歯があって、酸を出す細菌が口の中にいて、その細菌が増えるだけの餌があるなどの条件が必要です。さらに、むし歯になりやすい歯とは、歯の保護効果があるフッ素がエナメル質中にあまり取りこまれていない歯や、穴や溝、裂け目(小窩裂溝)があってプラークがたまりやすい歯です。歯磨きが雑だとプラークや歯石がどんどんたまって、むし歯の穴がより早くつくられます。口の中には非常に多くの細菌が存在していますが、むし歯の原因となる酸を出す細菌は限られています。中でもむし歯の原因菌として最も多いのが、ストレプトコッカス‐ミュータンス(ミュータンス菌)です。

一部の人の口の中には特に活発なむし歯菌がいて、キスや食器の共有によって、たとえば親から子へ細菌が移ります。細菌は乳歯が生えてきた小児の口の中で繁殖し、むし歯をつくります。このように、たとえ同じ家族内にむし歯の人が多くても、必ずしもその人たちの歯磨きや食生活が悪いとは限りません。

むし歯の進み方: エナメル質にできたむし歯は、ゆっくりと進行していきます。むし歯が、エナメル質下にある層の、エナメル質よりもやや軟らかくむし歯ができやすい象牙質に達すると、そこから侵食は急速に進んで、歯の最も深部の神経と血管が通る歯髄にまで及びます。むし歯の穴がエナメル質を貫通するには2〜3年かかりますが、象牙質から歯髄へは、その距離の長さにもかかわらず1年足らずで到達します。そのため象牙質から始まる歯根部のむし歯(根面う蝕)では、短時間で多くの歯の構造が破壊されます。

むし歯の種類

むし歯の種類

左図はむし歯のない歯を、右図は3種類のむし歯による穴がある歯をそれぞれ示しています。

平滑面う蝕とは、エナメル質のなめらかな面にできる進行が遅いむし歯のことで、最も予防しやすく、また回復の見込みがあります。平滑面う蝕ができはじめると、エナメル質のカルシウムが細菌の出す酸によって溶かされ、その部分が白濁します。隣接する歯と歯の間に平滑面う蝕ができはじめるのは、通常は20〜30歳ころです。

小窩裂溝う蝕とは、歯面の狭い溝にできるむし歯で、10歳代に永久歯にできはじめます。このむし歯は、ものをかむときに使われる歯の咀嚼面や奥歯の頬側の歯面の狭い溝にできやすく、急速に進行します。歯面の溝は歯ブラシの毛先が届かないほど狭いため、歯磨きがどうしても不十分になることが原因です。

歯根の表面を覆っているセメント質から始まる根面う蝕は、中年以降に多くできます。歯根面は、歯ぐきがやせてくる(退縮する)と露出してきます。このむし歯の原因には、歯磨きが困難な歯根部であること、唾液分泌量の不足、糖分の多い食生活、これらの要素の複合原因などがあります。根面う蝕は、予防が最も難しいむし歯です。

症状

むし歯によって痛みが起こるかどうかは、むし歯ができた歯の部分とむし歯に侵食された深さによって決まります。エナメル質にできたむし歯は、痛みがまったく起こりません。むし歯が象牙質に到達したときに初めて痛みが起こり、冷たい飲みものを飲んだり硬い飴などをかんだりしたときにだけ痛みが走ります。この時点では、まだ歯髄は侵されていないので、この段階で歯科医師の治療を受ければむし歯は治り、痛みもなくなって食べものがよくかめるようになります。

しかし、むし歯が歯髄の近くや歯髄まで及んでしまうと、歯へのダメージは決定的となります。痛みは冷水などの刺激を取り除いても長びくようになり、刺激が加えられなくても痛むようにさえなります(自発痛)。

歯髄が回復不能なダメージを受けて壊死すると、痛みは一時的に消えますが、むし歯のある歯でかんだり舌や指でむし歯を押したりすると、再び痛みだすようになります。この痛みは歯根の先端(根尖)部に起きている炎症や、感染によってたまった膿(膿瘍)によるものです。歯の周辺にたまった膿によって歯が持ち上げられ、歯をかんだときに押し戻されるという動きが激痛を引き起こします。膿がますますたまっていくと隣接する歯の歯肉組織が腫れはじめます。さらにあご全体に膿が広がると(蜂巣炎)口の中や、さらにはあごに近い皮膚から口の外へ漏れ出すようにさえなります。

診断と予防

むし歯が痛み出す前に治療を行えば、歯髄が侵される危険性を減らして、歯の組織をできるだけ多く残すことができます。むし歯を早期に発見するために、歯科医師は、問診で痛みの有無を尋ね、歯を診察し、器具を使って見えない部分にむし歯ができていないかを調べ、X線検査を行います。6〜12カ月に1回は歯科健診を受けるとよいでしょう。ただしX線検査は毎回行うわけではなく、歯科医師が歯の状態を診て、必要に応じて12〜36カ月に1回程度行います。

むし歯予防の鍵を握るのは、(1)口の中を清潔に保つ、(2)特定の食品への注意、(3)フッ素の利用、(4)シーラントによる予防治療、(5)抗菌治療の5つの戦略です。

口の清潔: 口の中を常に清潔に保つために、朝食の前か後と就寝前に歯ブラシとデンタルフロスによる歯磨きを、毎日欠かさず行います。歯磨きをしてプラークをためないようにすれば、平滑面う蝕(エナメル質の平滑な面にできるむし歯)を効果的に予防できます。歯磨きによって、食べものをすりつぶす歯の咀嚼(そしゃく)面や側面にむし歯ができにくくなります。またデンタルフロスは、歯ブラシの毛先が届かない歯と歯のすき間の掃除に力を発揮します。

電動歯ブラシや超音波歯ブラシはとても効果的ですが、きちんと磨けば、普通の歯ブラシで十分に効果があります。正しい歯磨きに必要な時間は、約3分です。デンタルフロスの使い方は、歯と歯のすき間にフロスを入れて前後に動かした後、歯ぐきのラインに沿って「C」の字を描くように歯と歯根面に巻きつけて上下に動かし、プラークと食べもののカスを取り除きます。

プラークはできはじめのうちはまだかなり軟らかいため、毛先が柔らかい歯ブラシやデンタルフロスで、少なくとも24時間に1回磨いて取り除けばむし歯ができにくくなります。しかし、いったんプラークが硬くなりはじめると、約24時間後にはむし歯がつくられはじめるためプラークは取れにくくなります。

食べもの: 炭水化物はどれもむし歯の原因になりますが、中でも大敵は糖類です。テーブルシュガー(ショ糖)、ハチミツ(果糖とデキストロース)、果物(フルクトース)、ミルク(乳糖)などの単糖はすべて、歯に同じように悪影響を及ぼします。糖がプラークに触れると、プラークのミュータンス菌が酸をつくり出します。食べた糖の量はあまり重要ではなく、糖が歯に触れている時間の長さが問題になります。つまり甘いソフトドリンクを1時間以上かけて少しずつ吸っている方が糖分の多い飴を5分で食べてしまうよりも、むし歯ができやすくなります。

むし歯になりやすい人は、甘い菓子などは控えましょう。菓子を食べた後は、うがいよりも歯磨きの方がより効果があります。人工甘味料を使ったソフトドリンクを選ぶのもむし歯の予防になります。ただし、ダイエットコーラに含まれている酸はむし歯を進行させます。紅茶やコーヒーには砂糖を入れずに飲むと予防に役立ちます。特に歯根面が露出している人は、こうした注意が重要です。

フッ素: フッ素は、特にエナメル質の酸への抵抗力を高めて、むし歯をできにくくする効果があります。歯が成長して硬くなる11歳までの間フッ素を飲んでいるとむし歯予防に役立ちます。水道水へのフッ素添加法は、小児にフッ素を与える最も効率良い方法で、現在米国では、人口の半分以上がむし歯予防に必要量のフッ素を含んだ飲料水を飲んでいます。ただしフッ素が過剰に含まれた水道水を飲むと、歯がまだらに白濁したり変色したりするフッ素症が起こります。小児が飲む水にフッ素量が十分に含まれていない場合は、フッ化ナトリウムのドロップ剤や錠剤が与えられます。また、むし歯ができやすい年齢の人の歯には、歯科医師がフッ素溶液を直接塗る予防治療も行われます。フッ素入り練り歯磨きやフッ素濃縮うがい液は、小児だけでなく成人にもむし歯予防の効果があります。

シーラント: シーラントは、特に歯ブラシの毛先が届きにくい奥歯の小窩裂溝(歯面の細い溝)のむし歯予防に効果があります。シーラントを塗る前にはまず完璧に歯面のクリーニングが行われます。その後、シーラント材が歯に接着しやすいように、エナメル質面の酸処理(歯面に酸を塗ってわざと凹凸にして、接着力を高める方法)が行われます。次に、歯面の小窩裂溝の内部や表面に、液状の歯科用レジンのシーラント材を入れます。このシーラントが固まって溝をふさぐと食べものが溝の中へ入りこめなくなるため、食べものを餌にしていた溝内部の細菌が酸をつくり出せなくなります。シーラントの約90%は1年後まで、60%は10年後でも歯に残っています。シーラントの修復や交換時期は、歯の定期健診の際にチェックされます。

抗菌治療: むし歯が特にできやすい人には、むし歯の原因菌を抑えるための抗菌治療が必要です。まずむし歯に侵された部分を取り除き、歯のすべての小窩裂溝をふさぎます。次に、強力な抗菌効果があるうがい液(クロルヘキシジン)を数週間使用して、歯に残った細菌を全滅させます。むし歯の原因菌がいなくなって、代わりにより無害な細菌が住むようになれば成功です。むし歯の原因菌を増やさないために毎日家庭でフッ素洗口液によるうがいを行い、キシリトールを含むガムをかむとよいでしょう。キシリトールは、プラークに住む細菌を抑える作用がある甘味料です。

審美歯科によってつくられる美しいほほ笑み

審美歯科治療によって、口元の外見を劇的に改善することができます。審美歯科治療は、矯正治療のように時間がかからず、またクラウンやブリッジによる補てつのように歯を削り取ることもありません。

ボンディング:歯を最小限に削って形を整え(形成)、歯の色をした修復材を歯(天然歯)に接着する方法をいいます。ボンディング法は、折れたり欠けたりした歯の修復、歯と歯のすき間をふさぐ治療、歯のシェード(色調)、色、形を整えるために歯の一部を覆う治療などに、従来から用いられています。まず弱酸性溶液で歯の表面(歯面)をきれいにして、歯面にわざと少し凹凸を作りますが、これは、コンポジットレジンと呼ばれる特殊な合成樹脂でできた歯の色をしたレジンを、歯面にしっかり接着させるために行われる処理です。ボンディング法により、歯質を大きく削り取らずに歯を美しく変貌させることができます。

ポーセレンベニア:ボンディング法とよく似ていますが、この方法では、歯の変色や変形の修復材としてコンポジットレジンではなく、歯の色をしたポーセレン(陶材)が用いられます。治療には2回の通院が必要です。歯を削って形を整えた後に印象を採り、それを基にポーセレンベニアが歯科技工室で製作されます。次に製作されたベニアを、薄いレジンセメントで歯に接着します。

漂白:歯を白くする治療は、歯の色を明るくするために行われます。その人のもともとの歯の色によって、漂白効果に違いが生じます。家庭で使われる多くの歯科用漂白剤には、過酸化水素ゲルが含まれています。このゲルを、各人の歯の形に合わせて製作されたマウスピース型のトレイに入れて歯に装着します。装着する時間は、漂白剤の濃度に応じて2〜4週間、1日に2〜3時間程度、ときには就寝中も装着します。診療室で行う場合はより短時間で行われます。漂白で最もよくみられる副作用は歯の知覚過敏です。なお、むし歯、一部の薬や病気による副作用、歯の失活(歯が死んでしまった状態になること)などによって、歯に黒ずみや変色が生じている場合は漂白効果は期待できません。

治療

むし歯が象牙質に到達する前に治療すれば、フッ素を利用してエナメル質に自己修復(再石灰化)させることが可能です。フッ素配合剤を歯面に塗る治療と並行して、フッ素洗口液によるうがいを行います。しかし、むし歯が象牙質まで到達してしまった場合は、ドリルで歯に穴を開けて内部の残骸を取り除き、そのスペースに充てん材(修復物)を詰めることになります。むし歯の早期治療は、歯の強度を維持して歯髄へのダメージを食い止めることができます。

充てん材(詰めもの): 歯の内部や周囲に、さまざまな原料から作られた充てん材を詰める治療が行われます。最も一般的な充てん材は銀アマルガム合金(水銀、銀、銅、スズ、亜鉛、パラジウム、インジウムなどの合金)で、強度が必要な奥歯の充てんに使用されます。また銀色なので、あまり目立ちません。銀アマルガム合金は比較的安価で、平均でも14年、口の衛生状態が良ければ40年以上もたせることができます。銀アマルガム合金から漏れ出る水銀はごく微量のため、健康への影響はありません。金の詰めもの(インレーとアンレー)は高価で、完全修復には少なくとも2回の通院が必要です。

コンポジットレジンとポーセレン(陶材)は、銀色が目立つ前歯に主に使用されます。また、奥歯への使用も増えてきています。この充てん材は歯の色に近いという利点がありますが、銀アマルガム合金と比べると高価で、特にかむ力が強く加わる奥歯では耐久性の点で劣ります。

グラスアイオノマーは歯の色をした充てん材で、充てんすると成分のフッ素が放出されるためむし歯ができやすい人には有益です。また歯磨きのしすぎで損傷した部分の修復にも使用されます。

根管治療と抜歯: むし歯が進行して歯髄に恒久的なダメージを与えてしまうと、痛みを消すためには、根管(歯内)治療あるいは抜歯によって歯髄を抜き取るしか方法はありません。

抜歯する場合は、そのあとをどう修復すればよいかをできるだけ早く判断しなければなりません。抜歯したままにしておくと隣接する歯が移動したり、かみ合わせが異常になったりするからです。

進行したむし歯の根管治療

  1. 歯に麻酔をかけます。
  2. ラバーダム(ゴムシートのカバー)を治療する歯の周囲に装着して、治療する歯を口内の細菌による汚染から守ります。
  3. 奥歯の場合は咀嚼面(ものをかむ面)に、前歯の場合は舌側面に、ドリルで穴を開けます。
  4. 穴の開口部から細い器具を挿入して、歯髄腔から根管内へ入れ、歯髄を完全に除去します。
  5. 開口部から根尖まで、根管をなめらかな壁を持つ円錐形に整えます。
  6. 形成された根管に充てん材を詰めてふさぎます。

ブリッジとクラウン: 抜いた歯のあとを修復する方法の1つにブリッジがあります。ブリッジは、抜いた歯の両隣の歯にクラウン(歯冠)をかぶせて支える固定部分入れ歯です。あるいは、取り外し可能なタイプの部分入れ歯が用いられることもあります。インプラントも、抜歯した歯のあとの修復の方法の1つです。

クラウン、ブリッジ、インプラント

クラウン、ブリッジ、インプラント

クラウンとは、歯にかぶせる歯冠修復物をいいます。ぴったりフィットするクラウンを作るためには、普通2回の通院が必要ですが数回通わなくてはならないこともあります。初診時に少し先細状になるように歯が削られ、型(印象)が採られます。次に、クラウンができるまでの間、仮のクラウンがかぶせられます。最終的に使用するクラウンは、採取した型を基に歯科技工士が製作します。2回目の診療時に、仮のクラウンを取り外して、できあがったクラウンがセメントで接着されます。

クラウンの多くは、金などの金属の合金で作られています。ポーセレンは、金属の色を隠すために部分的に使われたり、あるいはクラウン全体に使われたりします。ただしポーセレンは歯のエナメル質よりも硬くて摩耗しにくいため、かみ合わせたときにぶつかる反対側の歯が磨り減りやすくなります。ポーセレンや、それと同様の材料だけで作られたクラウンは、金属製のクラウンよりも壊れやすい傾向があります。

個人情報の取扱いご利用条件