メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

のどと食道

-
-

のどは口の下後方に位置しています。口から飲みこまれた飲食物はのどを通過します。飲食物を飲みこむ運動(嚥下[えんげ])は、特に意識しなくても自動的に行われます。嚥下時には、小さな筋肉弁(喉頭蓋[こうとうがい])が閉じて、飲食物が気管から肺に入らないように防いでいます。口の後方の部分(軟口蓋[なんこうがい])も上にもち上がって、飲食物が鼻に入らないように防いでいます。

食道は、粘膜に覆われた薄い筋肉層でできた細い管状の器官で、のどと胃をつないでいます。飲食物は重力ではなく、ぜん動と呼ばれる律動的な食道筋肉の収縮運動によって胃に送られます。食道の上端と下端は輪状の筋肉(上部食道括約筋と下部食道括約筋)になっていて、開いたり閉じたりします。食道括約筋は、胃の内容物が食道やのどに逆流しないように防いでいます。

個人情報の取扱いご利用条件