メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

膵臓

-
-

膵臓は2種類の組織で構成されている臓器です。1つは消化酵素を産生する腺房組織、もう1つはホルモンを産生する膵島組織です。膵臓が産生する消化酵素は十二指腸へ、ホルモンは血液中へと分泌されます。

アミラーゼ、リパーゼ、トリプシンなどの消化酵素は腺房組織の細胞から分泌され、細い管を通って膵管に流れこみます。膵管は総胆管と合流します。合流点はすぐ十二指腸へとつながっていて、この十二指腸への開口部にはオディ括約筋と呼ばれる輪状の筋肉があります。各種の酵素は膵臓で不活性の状態で分泌され、消化管に到達してから活性化されます。アミラーゼは炭水化物を消化し、リパーゼは脂肪を、トリプシンはタンパク質を消化します。膵臓はまた、大量の炭酸水素ナトリウムを分泌して、胃から流れてくる胃酸を中和することで十二指腸粘膜を保護しています。

膵臓では3種類のホルモンが産生されます。糖(ブドウ糖)を血液中から細胞に移動させて血糖値を下げるインスリン、肝臓に蓄えられている糖を血液中に放出させて血糖値を上げるグルカゴン、インスリンとグルカゴンの分泌を抑制するソマトスタチンです。

個人情報の取扱いご利用条件