メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢の影響

-
-

消化器系は多くの予備的な構造を備えているので、加齢による機能への影響は他の臓器に比べると少ないといえます。しかし、加齢が要因となる消化器系の病気もいくつかあります。特に、憩室(けいしつ)症や、薬の副作用による消化器系の病気(便秘など)は高齢者に多くみられます。

食道: 加齢によって、食道の収縮機能が低下し、上部食道括約筋の張力が弱くなりますが、食べものの流れがこの変化で損なわれることはありません。しかし、高齢者は食道の収縮を妨げる病気にかかりやすい傾向があります。

胃: 加齢によって、損傷に対する胃の内面の抵抗力が弱まるため、胃潰瘍になるリスクが増加します。特に、アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などを服用している人は潰瘍ができやすくなります。また、加齢とともに胃の弾力性が低下するので、大量の食べものを入れることができなくなり、十二指腸に食べものを送り出す速度も低下します。しかし、ほとんどの場合、目立った症状は現れません。加齢自体が、胃酸やペプシンなどの胃液を分泌する機能に影響することはほとんどありませんが、胃酸の分泌を減少させる病気(萎縮性胃炎など)にはかかりやすくなります。

小腸: 小腸の構造は加齢による影響をほとんど受けないので、内容物の通過速度や栄養素の吸収機能はあまり変化しません。しかし、ラクターゼの活性が低下するため、高齢者では乳製品をうまく消化できない人が多くなります(乳糖不耐症)。ある種の細菌が小腸内で過剰に繁殖することもあり、体重減少の原因となります。細菌が増えすぎると、葉酸、鉄、カルシウムなどの栄養素の吸収率が低下します。

膵臓、肝臓、胆嚢: 膵臓は加齢とともに重さが減少し、また、組織の一部分が線維組織に置き換わります(線維化)。しかし、消化酵素と炭酸水素ナトリウムを産生する機能は衰えません。肝臓と胆嚢では、構造的な変化や微小な変化が生じます(肝臓と胆嚢のしくみと働き: 加齢による影響を参照)。

大腸と直腸: 大腸は高齢になってもあまり変化しません。直腸はいくらか大きくなります。年をとると便秘になりやすい傾向がありますが、これには、大腸での内容物の通過が少し遅くなることと、直腸に便がたまったときの筋肉の収縮力がやや衰えることも関係しています。

個人情報の取扱いご利用条件