メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

胃食道逆流症

-
-

胃食道逆流症(GERD)とは、胃酸と消化酵素が胃から食道に逆流することで、その結果、食道に炎症が起こって痛みが生じます。

胃は、自分自身の酸による損傷を受けないよう、胃粘膜により保護されています。しかし食道にはこのような保護粘膜がないため、胃酸や消化酵素が食道へと頻繁に逆流すると、症状が現れたり食道粘膜に損傷が生じたりします。

食道の最下部には下部食道括約筋と呼ばれる輪状の筋肉があって、胃の内容物が食道に逆流しないように防いでいますが、この括約筋が正常に機能していないと胃酸と消化酵素の逆流が起こります。重力があるため、立っているときや腰掛けているときは、胃から食道への逆流はあまり起きません。横になると逆流が起きやすいのはこのためです。喫煙やチョコレートなど特定の食べものは括約筋の働きを低下させるため、逆流が起きやすくなります。また、食後は胃の内容物の量が多く、酸性度も高いため、やはり逆流が起きやすくなります。アルコールとコーヒーも胃酸の産生を亢進させます。糖尿病やオピオイドの使用などによって胃に内容物が長くとどまっている場合も逆流が起きやすい傾向があります。

アニメーション

胃酸の逆流を理解する

胃酸の逆流を理解する

症状と合併症

胃食道逆流症で最も多くみられる症状は胸やけ(胸骨の裏側の焼けるような痛み)です。ときには痛みが首、のど、顔面にまで広がります。胸やけに伴って、胃の内容物が口まで戻ってくることもあります。

逆流によって食道に炎症が起こると(食道炎)、出血することがあります。出血量は普通はわずかですが、大量になる場合もあります。出血した血液は、吐血となるか、黒いタール状の便(黒色便)となって排泄されます。出血が大量に起こった場合は便が鮮紅色になります。

逆流を繰り返すと食道の粘膜が傷ついてただれ、潰瘍ができます。食道潰瘍があると、ちょうど胸やけと同じ位置、つまり胸骨の裏側やすぐ下に痛みが生じます。

胃食道逆流症によって食道が狭くなる(狭窄)と、固形の食べものが次第に飲みこみづらくなります。また、気道が狭窄するので息切れがし、呼吸時にゼイゼイという音がするようになります。このほか胸痛、のどのヒリヒリした痛み、声のかすれ、唾液分泌過剰、のどに何か詰まったような感じ(心因性嚥下障害)、副鼻腔炎などの症状もみられます。

胃から食道への逆流が繰り返し起こって食道下部が長期にわたって刺激を受けると、食道の内面を覆っている細胞の状態が変化します。この状態をバレット食道といいます。このような細胞の変化は、特に症状がなくても起きていることがあります。この異常な細胞は前癌状態であり、まれに食道癌へと進行することがあります。

診断

胃食道逆流症は、その特徴的な症状から診断でき、普通は詳しい検査を行わなくても治療を開始できます。診断が確定できない場合や、治療をしても症状が改善されない場合には、詳しい検査を行います。診断を確定し合併症の有無を確認するため、内視鏡(柔軟な観察用のチューブ)による検査、X線検査、下部食道括約筋の圧力測定(食道内圧測定)、食道のpH(酸性度)測定などの検査を必要に応じて行います。

内視鏡検査で食道炎やバレット食道が確認されると、胃食道逆流症の診断が確定します。また内視鏡検査は食道癌がないことを確認するためにも有効です。X線検査では、バリウム溶液を飲んだ後に横になり、頭部が足より低くなるよう寝台を傾けた状態で、バリウム溶液が胃から食道に逆流するかどうかを観察します。このとき医師は、逆流を起こしやすくするため腹部を少し押すこともあります。バリウム造影X線検査では、食道潰瘍や食道狭窄の有無もわかります。

下部食道括約筋の圧力測定では括約筋の筋力がわかります。これにより、括約筋の機能が正常と比較して低下していないかを確認できます。この検査の結果は、外科手術が必要かどうかを判断するのに役立ちます。

胃食道逆流症を最も確実に診断できる検査は食道のpH測定だと考えている医師もいます。この検査では、先端にセンサーがついた、柔軟な細いチューブを鼻から食道へと入れます。チューブの反対側の端は酸性度を自動的に測定・記録する装置につながっていて、患者はこの装置がついたベルトを身に着けます。検査時間は24時間が一般的です。これにより、逆流がどの程度起きているかを調べることができ、さらに、症状と逆流との関係も確認できます。これは特に、症状が胃食道逆流症の典型的なものでない場合に役立ちます。胃食道逆流症に対して手術を行う可能性がある場合は、食道のpH測定を必ず行います。

予防と治療

胃食道逆流症の症状を軽減する方法はいろいろあります。就寝時には頭部を15センチメートルほど高くすると、胃酸が食道に逆流するのを防げます。(1)脂質やチョコレートなどの特定の食べもの、(2)喫煙、(3)抗コリン作用薬、一部の抗うつ薬、カルシウム拮抗薬、硝酸塩など特定の薬は、下部食道括約筋が弛緩する傾向を強める作用があるので、避ける必要があります。下部食道括約筋がしっかり閉じるよう、ベタネコールやメトクロプラミドなどのコリン作用薬が処方されることがあります。コーヒー、アルコール、そのほか胃酸の産生を強く促すような物質や、胃に長くとどまる食べものも避けるようにします。

胃炎や消化性潰瘍の治療に使用される薬は、胃食道逆流症の予防と治療にも有効です(消化性の病気: 制酸薬を参照)。たとえば就寝前に制酸薬を服用すると多くの人で効果がみられます。制酸薬は食道に逆流する胃酸の量を減少させて、食道潰瘍の痛みを緩和します。しかし、胃食道逆流症に最も有効な薬は、胃酸産生の抑制作用が強いプロトンポンプ阻害薬です。胃食道逆流症ではごく少量の胃酸でも強い症状が現れることがあるからです。潰瘍が治るまでには薬物療法を4〜12週間続ける必要があります。潰瘍はゆっくり治っていきますが、再発する傾向があります。慢性で重度の潰瘍では、治った後に食道の狭窄が残ります。

食道の狭窄には、薬物療法や器具による拡張が行われます。器具による拡張では、風船状の器具であるバルーンや、直径が徐々に大きくなるブジーという器具を狭窄部位に挿入します。拡張が成功すればほぼ制限なく何でも食べられるようになります。

バレット食道では、治療によって症状が軽くなっても、粘膜細胞の変化は消える場合もあれば消えない場合もあります。そのためバレット食道の患者は、癌化していないことを確認するため2〜3年ごとに内視鏡検査を受けるよう指示されます。

薬物療法で症状が改善しない場合や、症状が改善しても食道炎が持続する場合は手術が必要になります。また、薬を何年も飲み続けることを好まない人では、手術が適していることもあります。腹腔鏡を用いた、侵襲が最小限ですむ手術も可能です。ただし、腹腔鏡手術を受けた人の20〜30%が嚥下困難、腹部の膨張感、食後の腹部不快感などの副作用を経験します。

個人情報の取扱いご利用条件