メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ウェルシュ菌食中毒

-
-

ウェルシュ菌食中毒は、ウェルシュ菌に汚染された食べものを摂取することによって起こります。小腸に到達したウェルシュ菌はそこで毒素を産生し、この毒素のために下痢が起こります。

ウェルシュ菌の菌株によっては、症状が軽度から中等度ですみ、特に治療しなくても回復します。しかし、重度の胃腸炎を起こして小腸に損傷を与え、ときには死亡の原因となるような菌株もあります。ウェルシュ菌食中毒の集団発生は、汚染された肉類が原因で起こります。ウェルシュ菌の中には、十分に加熱調理しても死滅しない菌株があります。

症状、診断、治療

ウェルシュ菌食中毒による胃腸炎は軽度ですが、腹痛、ガスによる腹部の膨張、重度の下痢、脱水、極度の血圧低下(ショック症状)が起こることもあります。地域的な食中毒の発生があった場合には、原因としてウェルシュ菌食中毒が疑われます。汚染された食品を分析してウェルシュ菌が確認されると診断が確定します。患者は水分を補給し安静を保つように指示されます。

個人情報の取扱いご利用条件