メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎

-
-

コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎は慢性疾患で、ある種の白血球が大腸粘膜に浸潤し、水様性下痢を起こす状態です。

これらの慢性疾患は、S状結腸や直腸を含む大腸全体に影響を及ぼしますが、しばしば斑状に分布します。腸の内膜には、結合組織の1種であるコラーゲン組織が蓄積して肥厚したり、リンパ球(白血球の1種)の蓄積がみられます。

これらの炎症の原因はわかっていません。しかし、未知の何かが引き金になって過剰な免疫反応が起こった結果だと考えられます。コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎の多くは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を定期的に使用している場合に起こります。しかしこれらの薬がこの病気の原因となっているかどうかは証明されていません。クローン病や潰瘍性大腸炎とは異なり、コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎では結腸癌のリスクは上昇しません。

コラーゲン性大腸炎は主に中高年の女性に起こり、リンパ球性大腸炎は若年者に起こりやすく、男女に等しくみられます。

症状と診断

コラーゲン性大腸炎やリンパ球性大腸炎の症状は、出血を伴わない水様性の下痢に加えて、けいれん性腹痛、吐き気、腹部膨張、体重減少などです。数日間絶食すると下痢の回数と量が減ります。下痢とその他の症状はしばしば不安定で、悪化する時期と、改善または回復する時期を繰り返します。

コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎の診断は、水様性下痢が続き、検査で他の原因が見つからない場合に考慮します。大腸内視鏡検査(柔軟な観察用チューブによる大腸の検査)で大腸粘膜の組織を採取し、顕微鏡で観察して診断を確定します。

治療

抗コリン作用薬および少量のロペラミドやジフェノキシレートなどの下痢止め薬は、多くの例で効果があります。また、次サリチル酸ビスマスなどのサリチル酸、スルファサラジン、メサラミンなどの抗炎症薬も有効です。この病気の原因として感染症は見つかりませんが、メトロニダゾールやエリスロマイシンなどの抗生物質も効果があります。プレドニゾロンなどのステロイド薬もよく効きますが、通常は他の薬による治療に反応しない場合のために取っておきます。

個人情報の取扱いご利用条件