メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

痔核

-
-

直腸や肛門部の粘膜にある静脈がふくらみ、こぶ状になった状態(静脈瘤)を痔核(じかく)といいます。

痔核(いわゆる「いぼ痔」)は直腸や肛門部の静脈が拡張して発生し、ひどくなると出血します。また炎症を伴ったり、血のかたまり(血栓)ができることもあります。痔核には、直腸と肛門の境界部(肛門直腸接合部)よりも奥にできる内痔核と、手前の肛門側にできると外痔核があります。内痔核も外痔核も肛門部にある場合もあれば、肥大して肛門の外に突出しているものもあります。

痔核は直腸や肛門にある静脈内の圧力が高くなると生じやすくなります。この圧の高まりは、妊娠や連続する力仕事、排便時の力みの繰り返しなどが原因で起こります。便秘があると力みはひどくなります。肝臓の病気が原因で門脈圧が上昇し、その結果痔核になる人もいます。このような場合は通常の痔核と区別して扱われます。

症状と診断

痔は出血することがあり、排便後に便に血が混じっていたりトイレットペーパーに血がついたりすることで気づきます。便器の水が真っ赤になるほど血がほとばしり出ることもあります。しかし通常は出血量はそれほど多くはなく、重度の失血や貧血を起こすことはめったにありません。

痔が肛門の外に突出している場合は、そっと手で中に押し戻さなければならないこともありますし、自然に元に戻ることもあります。痔の表面がこすられてむき出しになったり、痔の内部に血のかたまりができると、腫れて痛みを伴います。たまに、痔から粘液が出て排便後も直腸内が完全に空になっていない感じをもつこともあります。普通、肛門部のかゆみ(肛門そう痒)は痔の症状ではありませんが、肛門を清潔に保つことができないとかゆくなります。

肛門と直腸の視診によって痔の腫れと痛みを診断します。腫瘍(しゅよう)のような重大な病気があるかどうかは、肛門鏡やS状結腸鏡による検査で鑑別診断されます。

治療

通常、痔は症状がなければ治療の必要はありません。便軟化剤やオオバコの種などの膨張性薬剤を服用すると、排便時の力みが軽減されることがあります。肛門を温水に浸すと症状が軽くなることがあります。腰湯の要領で浴槽の途中までお湯を張ってお尻を浸したり、温水シャワートイレを使って温めてもいいでしょう。

出血を伴う痔には、痔核を瘢痕(はんこん)化させて除去する硬化剤を注入します。この方法は注入硬化療法と呼ばれています。

大きな内痔核や注入硬化療法で効果がなかった痔には、内痔核の根元をゴム輪で縛り除去する治療法があります。これは輪ゴム結紮(けっさつ)法と呼ばれています。痛みもなく、輪ゴムにより痔がしぼみ脱落するのです。この治療は通常1回に1つの痔核に対して行われ、2週間以上の間隔で行われます。このほか、レーザー(レーザー破壊)や赤外線(赤外線光凝固術)、電流(電気凝固法)などを使用して内痔核を破壊する治療法などもあります。

痔核の結紮術

痔核の結紮術

内痔核の多くは、外来で輪ゴムを使って痔核を切除します。これは輪ゴム結紮法と呼ばれています。使用する器具(結紮器)には、約6ミリメートルの輪ゴムをかけたシリンダーがついており、その先に鉗子がセットされています。結紮器は短くて硬い観察用チューブの肛門鏡を使って挿入します。痔核を鉗子でつまんでシリンダー内に引きこみ、その根元に輪ゴムをかけます。輪ゴムでしばられた痔核は、血流を絶たれて腐り、数日後には痛みもなく脱落します。

以上のような治療がうまくいかない場合は、手術を行います。従来、痔の手術は後でひどい痛みを伴いましたが、最近では痛みの少ない手技が行われるようになっています。その1つに、痔核動脈をドップラー超音波で確認して結紮する方法があります。動脈からの痔核への血流供給を減らすためです。また環状に自動吻合器(ふんごうき)で吻合する痔核切除術もあります。

静脈瘤にできた血のかたまりによって痛みを伴う痔核の治療法には、温座浴、局所麻酔用の軟膏(なんこう)、ウィッチヘイゼル(訳注:マンサク科の植物で樹皮や葉が治療に使われる)の湿布などがあります。これで痛みと腫れはなくなり、血のかたまりも4〜6週間で消失します。特に痛みがひどい場合には、その静脈を切って血栓を除去すると、痛みは急速になくなることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件