メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

裂肛

-
-

裂肛は切れ痔とも呼ばれ、肛門の粘膜に生じた裂傷または潰瘍(かいよう)です。

裂肛は、排便時の便が硬かったり大きかったりしたために、肛門の上皮が傷つくことによって生じます。まれに肛門性交によって肛門の粘膜が裂ける場合もあります。肛門に裂傷ができると肛門括約筋がけいれんして、治癒を妨げることがあります。

肛門の裂傷は、排便中やその直後の痛みの原因ともなります。その痛みは数分から数時間続き、次の排便までには治まります。診断は肛門の視診で行われます。

治療

便軟化剤やオオバコ種子などを服用して便を軟らかくすると、下部直腸が潤滑になり排便時の損傷が軽減されます。潤滑性座薬も有効です。排便後10〜15分温座浴をすると不快感がなくなり、血行も良くなり治りやすくなります。

現在、有望な治療法として、ボツリヌス菌の毒素を肛門括約筋に注射したり、またニトログリセリン軟膏やカルシウム拮抗薬を裂肛部に塗って、けいれんを抑え治癒を促進する方法が開発されています。

これらの治療でも効果がなければ手術が必要になります。肛門括約筋のけいれんには、内括約筋を伸展(拡張)させたり、括約筋の一部を切開します(肛門内括約筋切開術)。

個人情報の取扱いご利用条件