メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

毛巣病

-
-

毛巣病(毛巣嚢疾患)は、殿部の割れ目の最上部の皮膚が毛髪で傷つけられて起こる感染症です。

毛巣病のうち毛巣膿瘍は感染部位の膿の蓄積であり、毛巣嚢胞(のうほう)はその部位に生じた慢性の排膿性創傷です。

毛巣病は若く毛深い白人男性に多くみられますが、女性にもみられます。毛巣嚢胞は痛みと腫れを伴います。他の感染症と鑑別するためには、感染部またはその周囲の小さな穴を探します。

一般的に毛巣膿瘍の治療は切除と排膿であり、毛巣嚢胞は手術で切除する必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件