メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

直腸脱

-
-

直腸脱とは、直腸が肛門の外に突き出ている状態をいいます。

直腸脱は直腸が裏返しになるので、直腸粘膜が赤黒く、湿った指状突起として肛門から突き出ています。まれに直腸が腟へ突き出ることがあります(直腸瘤(骨盤底の障害: 種類と症状を参照))。

直腸粘膜のみの一時的な突出は、健康な乳児にもよくみられます。おそらく乳児が排便時にいきんで腹圧がかかるためと思われますが、重症化することはまずありません。成人では直腸粘膜の突出が持続したり悪化したりして、さらに多くの部分が突出する傾向がみられます。完全に直腸が脱出したものを脱腸といい、60歳以上の女性に多くみられます。

突出の程度を判断するためには、実際にいきんでもらって肛門部の様子を調べます。触診では肛門括約筋がゆるんでいることがわかります。S状結腸鏡検査やバリウム注腸X線検査(消化器の病気の症状と診断: 内視鏡検査を参照)で原因となっている病気がわかることもあります。

治療

乳児や小児では便を軟らかくする薬を服用すると、いきむ必要がなくなるので症状は改善します。また排便と排便の間に殿部をひもでしばり合わせておくと、脱出が自然治癒することがよくあります。

成人では異常を是正するためには手術が必要です。脱腸は手術でほぼ治癒します。開腹手術では直腸を引き上げて押し戻し、骨盤内の仙骨に縫合固定させます。ほかにも、直腸の一部を切除し、残った直腸を仙骨に縫合固定する方法もあります。

高齢であったり体力がないために大きな手術ができない場合は、開腹手術よりも直腸に対する手術が望ましい方法です。その方法の1つにチールシュ法と呼ばれる治療法があります。これは、針金や合成樹脂製の輪を肛門括約筋に挿入し、この筋を取り囲むように締める方法です。このほかにも直腸の一部や直腸の余分な粘膜を切除する方法もあります。

個人情報の取扱いご利用条件