メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

胃の良性腫瘍

-
-

胃の良性腫瘍は症状や医学的な問題が起きにくいので、しばしば診断や治療がされないままのことがあります。しかし中には出血を伴う場合があり、そのときは内視鏡や手術で切除します。

胃の良性腫瘍のうち、胃ポリープは胃粘膜の一部が異常に増殖して隆起し胃内腔に突出したものです。中には悪性で癌化するものもあります(前癌状態)。このためポリープが見つかれば内視鏡で切除します。内視鏡から高周波電流を通電(電気焼灼法)または熱を発生させたり(高熱焼灼法)、高エネルギーの光線を照射して(レーザー焼灼法)、ポリープを除去します。

写真

胃ポリープ

胃ポリープ

個人情報の取扱いご利用条件