メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

胃癌

-
-

胃癌の約95%が腺癌です。胃の腺癌は、胃粘膜の中にある胃液を分泌する分泌細胞から発生したものです。

米国では、胃の腺癌は年間約10万人に8人の割合で発症し、癌による死亡原因の第7位です。50歳以上の人、貧困層、黒人、北方に住んでいる人などに胃癌が多くみられる傾向があります。理由はわかりませんが、胃の腺癌は米国では減少傾向にあります。日本、中国、チリ、アイスランドなど発症率の高い国では、集団検診が早期発見に役立っています。

原因と危険因子

胃の腺癌の原因はわかっていません。しばしば胃粘膜が炎症を起こした部位に発生しますが、これは、炎症が腺癌の原因になっているというよりは、腺癌の結果として炎症が起こるのではないかと考えられています。ある種の食べもの、特に薫製の食べものは胃癌との関係が疑われています。

胃の消化性潰瘍(しょうかせいかいよう)が腺癌の原因とする意見もありますが、潰瘍のある腺癌患者の多くは、おそらく潰瘍の発症前にすでに癌があったのではないかといわれています。胃潰瘍を起こす細菌、ヘリコバクター‐ピロリ(H.ピロリ)が腺癌の発生に関与している可能性は高くなっています。

前述のように、胃のポリープは癌になりやすいので切除します。特にポリープが腺細胞からなっていたり、約2センチメートル以上である場合、またポリープがいくつもある場合には、胃の腺癌に移行しやすい傾向があります。

食べものも胃癌を発症させる要因であるとされてきました。塩分の多い食べものや炭水化物の取りすぎ、硝酸塩と呼ばれる保存料(薫製の食品に多い)の過剰な摂取、果物と緑黄色野菜の摂取不足などが危険因子として挙げられてきました。しかしこれらが胃癌の原因であるという証拠はまだありません。

まれなタイプの胃癌

悪性リンパ腫はリンパ系の癌ですが、胃の中に発生することがあります。胃悪性リンパ腫の多くはヘリコバクター‐ピロリと関連があるとされています。治療にはまず外科的切除が行われます。化学療法と放射線療法の治療効果は腺癌と比べて良好です。これによって生存期間が延びて治癒する場合もあります。

平滑筋肉腫(間質細胞腫または紡錘細胞腫とも呼ばれています)は、胃の平滑筋に発生する癌です。最も有効な治療法は手術による腫瘍の切除です。診断時に癌がすでに転移している場合は、化学療法を行うと生存期間を延ばすことができます。新薬であるイマチニブは手術が不可能な平滑筋肉腫の治療に有効です。

症状

初期の胃癌ははっきりとした症状もなく、あっても気にならない程度です。症状の出はじめは消化性潰瘍と似たような症状で、胃部の焼けるような痛みがあります。このため消化性潰瘍だと思って治療を受け症状が改善しないことで、初めて癌だとわかることもあります。少し食べただけで満腹になって気づく人もいます(早期膨満感)。

体重減少と脱力は、食事が取りにくかったり、ある種のビタミンとミネラルが体内で吸収されていないために起こります。貧血になると疲労、筋力低下、軽い頭痛があります。これは症状を伴わない少量の出血が原因だったり、胃酸が減少することでビタミンB12の吸収不足(赤血球細胞をつくるために不可欠なビタミン)、あるいは鉄分の吸収不足(赤血球細胞をつくるために不可欠なミネラル)などが原因で起こります。まれに大量の出血(吐血)をしたり、胃からの出血が腸管を通過して黒いタール便(メレナ)が出たりすることがあります。胃の腺癌が進行すれば、触診でも胃部の腫瘤に触れることができます。

早期でも小さな腺癌は離れた部位に広がります(転移)。腫瘍が転移すると、肝腫大、黄疸(皮膚や白眼が黄色みを帯びる)、腹水(腹腔内に水がたまって腫れる)、皮膚転移による結節などが出現します。骨に転移すると、骨が弱くなるため骨折しやすくなります。

診断

診断には内視鏡による検査(柔軟なチューブ状の装置を通して消化管の内部を観察する)が最も有効です。これによって胃の内部の様子を直接見ることができ、H.ピロリの有無の確認や組織サンプルを採取して(生検)、顕微鏡で調べることができます。バリウムX線検査は早期の小さな癌は検出しづらく、生検もできないためあまり行われません。

経過の見通しと治療

胃癌患者の5年生存率は20%未満です。それは癌が早期に転移しやすいためです。癌が胃に限局している場合は、手術で病巣を摘出して完治を目指します。癌が転移する前に胃の病巣部全体を摘出できた場合にのみ完治の望みがあります。手術では胃の大部分またはすべてと周囲のリンパ節を摘出します。癌が胃壁の深部にまで到達していなければ、その後の経過は良好です。米国では胃癌の手術成績は良くありません。胃癌と診断されたときにはすでに癌が転移していることが多いためです。日本では胃癌は非常によくみられる病気ですが、集団検診によって早期に癌が見つかるため、完治する可能性も十分あります。術後に化学療法や放射線療法を行ってもあまり効果はありません。

癌が胃以外の部位へ広がった場合は手術による完治は難しいですが、症状を改善する目的の手術が行われることがあります。たとえば、食べものが胃の出口を通過できない状態ならば、バイパス手術をして胃と小腸をつなぎ、食べものが通過できるようにします。これによってしばらくは食べものの通過障害による痛みや嘔吐といった症状を改善することができます。化学療法や放射線療法でも症状を改善することはできますが、効果は限られています。

個人情報の取扱いご利用条件