メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

小腸癌

-
-

小腸癌は非常にまれであり、米国では1年間に発症する患者は10万人に2人未満です。小腸癌の最も多い種類は腺癌です。腺癌は小腸の粘膜の中にある分泌腺組織にできる癌です。小腸にクローン病がある場合は腺癌を発症するリスクが高くなります。

まれなタイプの小腸癌

カルチノイド(類癌腫)は小腸粘膜の分泌細胞に発生する癌です。カルチノイドができると、ホルモンを分泌して下痢や皮膚紅潮を起こします。化学療法をはじめ薬剤で症状をコントロールすることができます。

悪性リンパ腫(リンパ系の癌)は小腸の中央部(空腸)または下部(回腸)に発生します。悪性リンパ腫が発生するとその部分が硬く、細長くなります。腹腔内疾患がある場合に発生しやすいようです。化学療法と放射線療法を行うことで症状をコントロールし、生存期間を延ばすことが可能です。

平滑筋肉腫は小腸壁の平滑筋に発生します。手術で平滑筋肉腫を切除後に化学療法を行うと、生存期間はわずかに延びます。

症状と診断

腺癌を発症すると腸管から出血するために血便が出ます。また腸管が閉塞すると、急激な腹痛、腹部膨張、嘔吐を呈します。

内視鏡を口から挿入して十二指腸と空腸の一部(小腸の上部)まで移動させて腫瘍の位置を確認し、生検(組織サンプルを採取して顕微鏡で観察)を実施します。回腸(小腸の下部)で腫瘍が見つかることもあります。この場合は、大腸内視鏡(下部消化管の検査と治療に使用される内視鏡)を肛門から挿入して、大腸を通って回腸まで移動させます。バリウムX線検査は、小腸全体を描出し腫瘍の輪郭がわかります。腫瘍に出血が認められれば、小腸の動脈造影検査(造影剤を動脈に注射後X線撮影します)を行います。ほかにも、放射性物質であるテクネシウムを動脈に注射後、腸内に流れるテクネシウムをX線撮影すると、出血部位を特定することができます。出血の治療は外科的に処置します。小腸の腫瘍を確認するためには試験開腹が必要なこともあります。

治療

どのようなタイプの癌でも、最良の治療は腫瘍の外科的な摘出です。手術後に化学療法と放射線療法を行っても延命効果は期待できません。

個人情報の取扱いご利用条件