メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腹部膿瘍

-
-

膿瘍(のうよう)とは膿(うみ)がたまった状態をいい、細菌感染症が原因で起こります。

腹部膿瘍は横隔膜の下部や腹部中央部、骨盤、腹腔の後部などに形成されます。また腎臓、脾臓(ひぞう)、膵臓(すいぞう)、肝臓、前立腺などの内臓周囲にも形成されます。膿瘍は外傷、腸管の感染症や破裂、腹部臓器の感染症などが原因となります。

原因と症状

横隔膜下の膿瘍は、虫垂の破裂によって細菌を含んだ体液が流出し、これが腹部臓器の圧力で上に押されたり、呼吸時の横隔膜の上下動で吸い上げられて形成されます。症状はせき、呼吸時の痛み、どちらか一方の肩の痛みがあります。この肩の痛みは関連痛と呼ばれるもので、肩と横隔膜が同じ知覚神経分枝に支配されているので、実際には生じていない肩の痛みが生じていると脳が誤解するために起こる症状です(関連痛とはを参照)。

腹部中央部の膿瘍は、虫垂の破裂、腸の破裂、腸管の炎症、憩室炎、腹部の外傷などが原因で生じます。このとき膿瘍のある部位に腹痛が感じられます。

骨盤膿瘍は腹部中央部の膿瘍と同じ原因で生じたり、婦人科系の感染症も原因となります。腹痛、腸が刺激されるために起こる下痢、膀胱刺激による尿意切迫感や頻尿などが主な症状です。

腹腔後方にできる膿瘍は、腹膜の後部にできる膿瘍(後腹膜膿瘍)です。腹膜とは腹腔と腹部臓器を覆っている膜のことです。原因は他の腹部膿瘍と同じで、虫垂の炎症と感染症(虫垂炎)、膵臓の炎症と感染症(膵炎)です。背部痛があり、脚の付け根を動かすと痛みが強くなります。

膵臓の膿瘍は、主に急性膵炎の発作後に形成されます。膵炎が回復してから1週間かそれ以上たった後に発熱、腹痛、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。

肝臓の膿瘍は細菌やアメーバ(単細胞寄生虫)が原因で起こります。細菌は、感染した胆嚢、穿孔や打撲などの外傷、近くの膿瘍が広がって起きた腹部の感染症から肝臓に到達したり、別の感染部位から血流に乗って肝臓に達します。症状は食欲不振、吐き気、発熱です。腹痛はある場合とない場合があります。

脾臓の膿瘍は細菌が血流に乗って脾臓へ達した感染症、脾臓の外傷、横隔膜下など近くの膿瘍が広がって起きた感染症などが原因です。腹部の左側、背部、左肩が痛みます。

診断と治療

膿瘍は、それほど重度でない疾患と症状が似ているために誤診されがちです。膿瘍があれば血液検査で白血球数が異常に増加していることがわかります。X線検査をはじめ、超音波検査、CT検査、MRI検査などの画像診断によって膿瘍と他の疾患(たとえば腫瘍や嚢胞)を鑑別し、その大きさと位置を確認します。しかし腫瘍と膿瘍は症状が同じで画像検査でも同じようにみえることもあるので、その場合は膿のサンプルを採取したり手術で膿瘍を摘出して、顕微鏡で調べる鑑別診断を必要とすることもあります。

腹部膿瘍がある人のほとんどは、手術または皮膚から針を穿刺(せんし)して排膿します。針を穿刺する位置の確認にはCT検査や超音波検査が使用されます。排膿と並行して、感染症の拡大を防ぎ消滅させるために抗生物質が投与されますが、抗生物質は、膿を検査して起因菌を同定してその細菌に最も有効なものが選ばれます。抗生物質の投与だけで治ることはほとんどなく、排膿は必ず行われます。

個人情報の取扱いご利用条件