メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腸閉塞

-
-

腸閉塞は、腸の内容物の通過が完全にふさがれているか、重度の通過障害を来している状態をいいます。

閉塞は、小腸と大腸のどこにでも起こる可能性があります。閉塞部から上部の腸は機能しています。閉塞が起こると腸内の食べもの、水分、消化液、ガスなどが詰まってしまうため腸が膨張し、腸粘膜が腫大して炎症を起こします。この状態を放置しておくと、腸の破裂、腸の内容物の腹腔への漏出、腹膜炎などを起こし、腹腔内での感染症に至ります。

新生児や乳児では、先天異常や腸内容物の硬いかたまり(胎便)、腸のねじれ(腸捻転)などが原因で腸閉塞が起こります。

成人の十二指腸閉塞は、膵臓癌や潰瘍、古い手術、クローン病などによる瘢痕、それに結合組織の線維帯が腸に巻きついて起こる癒着などが原因で起こります。腹部筋肉の弱い部分などに異常な開口部ができ、そこに腸の一部が脱出してヘルニアになり、詰まって腸が閉塞することもあります。まれに胆石、未消化の食べもの、寄生虫のかたまりが腸管をふさぐこともあります。

大腸の閉塞は癌でよくみられます。腹部の手術を受けたことがある人は、術後の傷あとや瘢痕組織の結合(癒着)が原因で腸が閉塞しやすくなります。硬いかたまり状の便(宿便)も腸閉塞の原因となります。

腸の嵌頓の原因は?

腸の嵌頓の原因は?

腸の嵌頓(腸への血流が絶たれた状態)は、以下の3つのうちいずれかが原因で起こります。

腸の閉塞によって腸への血流が絶たれれば、嵌頓(かんとん)と呼ばれる状態になります。嵌頓は小腸閉塞患者の25%近くにみられます。嵌頓は、腸壁の弱い部分から腸の一部が飛び出したまま元に戻らなくなったり(嵌頓ヘルニア)や、腸がねじれたり(腸捻転[ちょうねんてん])、腸が別の腸管の中にのめりこんだり(腸重積)することから生じます。いずれの状態も6時間もすると腸が壊疽(えそ)を起こします。壊疽が生じると、腸壁が壊死(えし)して腸の破裂や腹腔内膜の炎症(腹膜炎)、感染症へと進行します。この場合、適切な治療を受けなければ死亡します。

症状と診断

腸閉塞は通常、腹部にけいれん性の痛みがあり、腹部膨満と食欲不振を伴います。痛みは激しく絶え間なく生じてきます。嘔吐もよくみられますが、小腸の閉塞に比べて、大腸の閉塞では嘔吐はすぐには起きません。腸が完全に閉塞すると便秘がひどくなりますが、部分的な閉塞であれば下痢が起きやすくなります。腸が破裂すると、急速に重度の炎症や感染症に至り、ショック状態(ショックを参照)に陥ります。

触診では、腹部の圧痛や腫れ、腫瘤がないかを診察します。聴診で腸管がたてる音(腸音)を聞くと、腸が閉塞している場合は正常時よりも大きく高い音が聞こえたり、あるいはまったく聴取できないこともあります。腸の破裂によって腹膜炎を起こしていれば、腹部を押すと痛み、押している手を急に離したときに痛みがひどくなります(反跳痛)。

腹部X線検査で拡張した腸が認められ、閉塞部位がわかります。またこの検査で、腸の周囲や横隔膜下に空気が映ることがあります。正常ではこの部位に空気はないので、これで腸が破裂していることがわかります。

治療

腸閉塞が疑われれば入院します。鼻から胃や腸にチューブを入れて、たまった腸液や食べものを吸引します。水分と電解質(ナトリウム、塩化物、カリウム)を静脈内投与して腸内の電解質のバランスを整え、嘔吐や下痢を起こさないようにします。

潰瘍の瘢痕や癒着が原因で腸が閉塞した症例では、以上の方法だけで閉塞が改善するケースがあります。下部大腸がねじれて障害がある場合は、内視鏡を肛門から挿入したりバリウムを注入して大腸をふくらませる治療が行われることがありますが、ほとんどの症例ではできるだけ早期に手術をします。腸の一部を切除せずに治療できるかどうかは、閉塞の原因が何かによって決まります。癒着の場合は手術で離すこともできますが、また再発しやすい傾向があります。

個人情報の取扱いご利用条件