メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

イレウス

-
-

イレウス(麻痺[まひ]性腸閉塞、脱力性腸閉塞)は腸壁が一時的に正常の収縮運動をしなくなった状態です。

腸閉塞と同様、イレウスは腸の内容物の通過を妨げます。ただ、機械的腸閉塞症と違ってイレウスの場合は腸が破裂することはまれです。

イレウスは腹部手術の24〜72時間後に起こります。また腹部の感染症や、腸に行く血管に血栓ができて血流量が少なくなるアテローム動脈硬化、腸の動脈や静脈の外傷なども原因となります。腎不全や血液中の電解質異常(低カリウム血症、高カルシウム血症)といった腸以外の病気によってイレウスが起こることもあります。そのほかにも薬(特にオピオイド系鎮痛薬と抗コリン作用薬(抗コリン作用とはを参照))や甲状腺機能低下症が原因となることもあります。

症状と診断

イレウスの症状は腹部膨満、嘔吐、重度の便秘、食欲不振、けいれん性の腹痛です。

イレウスになると、腸音がほとんどまたはまったく聞こえなくなります。腹部X線検査では腸管のふくらみをみることができます。場合によっては大腸内視鏡(柔軟な観察用チューブによる大腸の検査)で腸の様子をみます。

治療

イレウスによってたまったガスや液体などを排出する必要があります。そこでチューブを肛門から大腸まで入れて腸内の圧力を緩和します。加えて、チューブを鼻から胃または小腸まで入れて吸引し、腸内の圧と拡張(膨満)を緩和します。腸の機能が正常に戻るまでは飲食はできません。必要な水分や電解質(ナトリウム、塩化物、カリウム)は静脈からの投与で補給します。

個人情報の取扱いご利用条件