メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

肝臓、胆嚢(たんのう)、胆管の病気の診断のためには、さまざまな検査が行われます。肝機能検査として知られる血液検査は特に重要です。この検査は実際には肝臓の機能そのものを調べるわけではなく、肝臓の炎症やダメージの程度を明らかにするものです。

病気の種類に応じて、超音波検査、CT検査、MRI検査などの画像診断も行われます。また肝臓の組織の一部を採取して顕微鏡で調べる、肝生検と呼ばれる検査もあります。

肝機能検査

肝臓の働きをみるには、血液サンプルを採取して肝機能検査を行います。検査項目の多くは、血液中の酵素やその他の物質の濃度を測定し、肝臓の異常を診断するものです。血液の凝固に要する時間を測る検査項目もあります。検査値が正常範囲より高い場合は、肝臓の炎症や損傷があると考えられます。

  • アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT、旧称はGPT)
  • アルブミン
  • アルカリホスファターゼ(ALP)
  • アルファ‐フェトプロテイン
  • アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST、旧称はGOT)
  • ビリルビン
  • ガンマ‐グルタミルトランスペプチターゼ(γ-GTP)
  • 乳酸脱水素酵素(LDH)
  • 抗ミトコンドリア抗体
  • 5'-ヌクレオチダーゼ
  • プロトロンビン時間(PT)

個人情報の取扱いご利用条件