メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肝生検

-
-

肝臓の検査のための組織サンプルは手術を行って採取する場合もありますが、皮膚から肝臓の中に針を刺して採取することもあります。この処置は経皮的肝生検といい、検査の前には局所麻酔をします。超音波検査やCT検査で、組織サンプルを採取する位置を確認しながら行うこともあります。肝生検はたいていの病院では、外来検査として行われています。

生検用の組織サンプル採取直後は、傷口が開くなどの合併症のリスクがわずかながらあるため、3〜4時間は病院で安静にします。肝臓の傷口が開くと腹腔内で出血し、ショック症状を起こす場合があります。さらに胆汁が腹腔内に漏れると、腹膜炎を引き起こすこともあります。出血は肝生検を受けてから15日もたって始まることもあるので、その間は病院まで車で1時間以内に到着できる場所にいることが勧められます。生検によるこれらの合併症はときには重症化し、検査を受けた人の1万人に1人が死亡しています。肝生検の後に、右上腹部の軽い痛みや、右の肩に広がる痛みを感じることがありますが、普通は鎮痛薬で治まります。

経静脈的肝生検では、カテーテルを首の静脈から入れて心臓を通し、肝臓から出る肝静脈の1つに挿入します。このカテーテルの針を、静脈の壁を通して肝臓に刺し入れてサンプルを採取します。この検査は経皮的肝生検に比べて肝臓を傷つける可能性が低いため、肝臓の病気の重い合併症などで出血を起こしやすい人には特に役に立ちます。

個人情報の取扱いご利用条件