メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肝腫大(肝臓の腫れ)

-
-

肝臓が腫れて大きくなった状態を肝腫大といい、肝臓に病気があることを示します。ただし、肝臓に病気があっても、肝臓の大きさは正常であったり、あるいはむしろ小さく縮んだ状態のこともよくあります。肝腫大は一般に自覚症状を伴いません。しかし極度に腫れが大きい場合は、腹部の不快感や膨満感を生じることがあります。急速に生じた腫大では、触れると圧痛を感じることがあります。医師は診察時に触診で肝臓の大きさを推定し、腫大した肝臓が肋骨の下まで達しているかどうかを診ます。

触診したときの感触も重要です。急性肝炎、脂肪浸潤、うっ血、初期の胆管閉塞による肝腫大の場合は、普通は軟らかい感触となります。これに対し、肝硬変(肝臓の重度の線維化)のために腫大している場合は硬く不規則な手ざわりです。明らかなしこりが感じられれば、通常は癌が疑われます。治療はこうした原因となっている病気に応じて行われます。

個人情報の取扱いご利用条件