メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

肝臓を流れる血液の4分の3は門脈から供給されています。門脈からの血液は栄養分を豊富に含み、消化した食物の成分を加工すべく腸から肝臓へ運ぶ役割を担っています。残りの4分の1は肝動脈から供給される血液で、心臓からの酸素を多く含んでいます。

肝臓への血液の供給ルート

肝臓への血液の供給ルート

肝臓を通過した血液は肝静脈から出ていきますが、ここには門脈からの血液と肝動脈からの血液が混じり合って流れています。肝静脈は静脈の中で最も太い大静脈に合流し、心臓へと流れこみます。

年をとるにつれて、肝臓を流れる血液の量は減少します。血流量が減ると、薬の作用を不活性化したり血液中の毒性物質を除去するといった肝臓の処理能力は低下します。

個人情報の取扱いご利用条件