メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肝血管腫

-
-

肝血管腫は、異常な血管が集まってできている肝臓の良性腫瘍です。

米国では、成人のおよそ1〜5%に無症状の小さな肝血管腫がみられます。このような肝血管腫の多くは超音波検査やCT検査を受けたときに、偶然発見されます。この腫瘍は治療の必要はありません。症状を伴うことはごくまれですが、乳児では広範囲の血栓形成や心不全などの症状を起こす大きな肝血管腫が見つかることがあります。このような大きな肝血管腫は手術による切除が必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件