メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

肝臓癌(肝細胞癌)

-
-

肝臓癌(肝細胞癌)は、肝細胞から生じる癌(原発性肝癌)の1つです。

肝臓癌は、肝臓から生じる癌(原発性肝癌)の中で最も多くみられます。アフリカや東南アジア地域では肝臓癌が転移性肝癌よりも多く発生し、死因の上位を占めています。これらの地域ではB型肝炎ウイルスによる慢性感染の罹患率が高く、慢性感染があると肝臓癌のリスクは100倍以上にもなります。C型肝炎ウイルスの慢性感染も肝臓癌のリスクを増大させます。肝臓癌は、癌の原因物質(発癌物質)によって生じる場合もあります。肝臓癌が多い亜熱帯地域では、ある種のカビがつくるアフラトキシンという発癌物質による食物の汚染がよくみられます。

北アメリカやヨーロッパなどの肝臓癌が少ない地域では、長期にわたる肝硬変(肝臓の重度の線維化)のあるアルコール依存症の人が、肝臓癌患者の多くを占めています。その他のタイプの肝硬変からも肝臓癌に進行することがありますが、そのうち原発性胆汁性肝硬変は他のタイプに比べて癌になるリスクが低くなっています。

線維層板状癌は比較的若い人に多く発症するごくまれな肝臓癌です。この癌は、先行する肝硬変、B型肝炎、C型肝炎ウイルスへの感染、その他の危険因子の存在が原因で生じるものではありません。

症状

肝細胞癌で最初に現れる症状は腹痛や体重減少で、右上腹部に大きなかたまりが感じられます。長年にわたる肝硬変のあった患者では、予期しない突然の症状悪化に見舞われることがあります。発熱もみられます。腫瘍の破裂や出血による突然の腹痛やショック(極度の低血圧)が、最初の症状となる場合もあります。

診断

肝臓癌の患者では概して、アルファ‐フェトプロテインの血中濃度が高くなっています。血液検査ではまれに、血糖値の低下、カルシウムや脂質の血中濃度上昇、赤血球数の増加がみられることがあります。

初期には症状からの診断は困難です。触診で肝臓の腫大がわかるようになると、特に肝硬変を長く患っている人では、肝臓癌が疑われます。聴診器を肝臓の上にあてると、ザーザーという雑音(癌の内部の血流から生じる肝性雑音)や、ガリガリという雑音(癌が肝臓の表面や周囲の組織に触れて生じる摩擦音)が聞こえることがあります。

ときには症状が現れていない癌が、腹部超音波検査、CT検査、MRI検査で見つかることもあります。日本のようにB型肝炎ウイルスが多い地域では、超音波検査によってB型肝炎感染患者の肝臓癌スクリーニングを行っています。造影剤を肝臓内の動脈(肝動脈)に注入して肝動脈造影を行うと、肝臓癌がはっきりとわかる場合があります。この画像には肝血管の位置が正確に示されるので、肝臓癌を切除する手術の際に特に役立ちます。

肝生検(肝臓と胆嚢の検査: 肝生検を参照)では肝臓から小さな組織片を採取して顕微鏡で調べ、診断を確定します。一般に、肝生検での出血その他のリスクはわずかです。

経過の見通しと治療

肝臓癌は、米国では腫瘍が末期になって発見されることが多いため、生存率は高くありません。日本のように、定期的なスクリーニングによる早期発見例が多い地域では生存率は高くなっています。腫瘍が小さく手術で切除できた人では、術後の経過は良好な場合があります。化学療法薬は、静脈に注入または、肝臓内の癌細胞に高い濃度で直接到達するように、肝動脈に注入することもできます。化学療法薬は一時的に腫瘍の増殖を遅らせることはできますが、癌を根治させることはできません。

個人情報の取扱いご利用条件