メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

胆管の腫瘍

-
-

癌が胆管閉塞の原因となることは、胆石の場合と比べれば非常にまれです。胆管の癌のほとんどは、総胆管が通っている膵臓の頭部に原発したものです(消化器系の腫瘍: 膵臓癌を参照)。まれに癌が総胆管と膵管の接合部の胆管内に原発したり、胆嚢内や肝臓内にできることがあります。体の他の部分から転移した癌が胆管を閉塞させたり、リンパ腫(リンパ腫: はじめにを参照)に侵されたリンパ節によって胆管が圧迫されることは非常にまれです。胆管内の良性腫瘍も閉塞を引き起こします。

症状と診断

胆管閉塞の症状には、黄疸の進行、腹部不快感、食欲不振、体重減少、かゆみなどがありますが、多くは発熱や悪寒を伴いません。症状は徐々に悪化します。閉塞の原因が癌である場合、疲労感、不快感、耐えられないほどのかゆみがみられることがあります。

胆管の腫瘍は、超音波検査やCT検査で見つかります。超音波やCTの画像で確認しながら、針を刺して組織サンプルを採取します。ERCPを行って組織片を採取することもあります(胆管の検査に使われる画像診断を参照)。

治療

ERCPでステントの挿入を行って、閉塞した部位を迂回する流れを確保し、痛みとかゆみを和らげます。悪性の腫瘍の多くは、手術で完全に除去することはできず、放射線療法でも十分な効果がみられせん。化学療法は、全身の他の部分に広がった腫瘍(転移性腫瘍)の症状をいくらか軽減できますが、結果的に生存期間の大幅な改善にはつながっていません。

個人情報の取扱いご利用条件