メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

膀胱

-
-

膀胱は伸縮性のある筋肉でできた袋状の器官です。尿管を通って流れてきた尿は膀胱にたまります。

膀胱は尿の量に応じて徐々に膨張します。膀胱がいっぱいになると、神経信号が脳に送られ、排尿が必要であることを伝えます。膀胱の出口は尿道につながっていて、出口にある括約筋が開くと、尿は膀胱から流れ出ていきます。同時に膀胱壁が自動的に収縮し、その圧力によって尿は尿道の中を下方へ押し出されていきます。腹壁の筋肉が自発的に収縮することで、さらに圧が加わります。尿管から膀胱への入り口にある括約筋はしっかりと閉じたままで、尿が尿管を通って腎臓の方へ逆流するのを防いでいます。

個人情報の取扱いご利用条件