メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

無症候性血尿・タンパク尿症候群

-
-

無症候性血尿・タンパク尿症候群は、少量のタンパク質と血液が絶え間なく、または間欠的に尿に漏れ出るのを特徴とする糸球体の病気です。

定期健康診断の尿検査で、軽いタンパク尿や血尿が何の症状もない人に見つかることがあります。尿中に赤血球の凝集塊(円柱)または異常な形をした赤血球があれば、尿中の血液は糸球体から漏れ出たものであることがわかります。腎生検を行うと、糸球体に抗体が沈着していたり、血液をろ過する細胞がわずかに変化しているのがわかります。しかし、治療可能な病気が見つかる見込みはほとんどないため、腎生検はめったに行われません。

無症候性血尿・タンパク尿症候群の人には通常、年に1〜2回診察と尿検査を受けることが勧められます。尿中のタンパク質や血液の量が際立って増えたり、別の病気の発症を示す症状がみられた場合には、さらに詳しい検査を行います。この症候群が悪化することはあまりなく、同じ状態がいつまでも続きます。

個人情報の取扱いご利用条件