メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腎皮質壊死

-
-

腎皮質壊死とは、腎臓の外側の部分(腎皮質)に血液を供給している細動脈がふさがったために生じる組織の壊死で、急性腎不全を引き起こします。

腎皮質壊死はどの年齢層でも起こり、全体の約10%が乳児と小児です。この病気がみられる新生児の半数以上は、出産時に胎盤早期剥離による難産で生まれています。次に多い原因は、細菌性敗血症という血液への細菌感染です。小児の腎皮質壊死は、感染症や脱水症状、ショック、溶血性尿毒症症候群(出血と血液凝固の病気: 血小板減少症を参照)の後に続いて起こります。

成人の腎皮質壊死では、細菌性敗血症が原因の3分の1を占めています。女性の場合は約半数が妊娠の合併症に続発したもので、胎盤の早期剥離や位置異常、子宮からの出血、出産直後の感染症、羊水による動脈の閉塞、子宮内での胎児の死亡、妊娠中毒症などの合併症に続いて腎皮質壊死が起きています。

成人での腎皮質壊死の原因にはこのほか、腎移植の拒絶反応、やけど、膵炎、外傷、ヘビのかみ傷、特定の化学物質による中毒などがあります。

症状と診断

尿に血液が出ることから、尿の色が赤や暗褐色になることがよくあります。腰の両側に沿って痛みが起こります。多くの場合、発熱を伴います。血圧の変動がよくあり、軽い高血圧になったり低血圧になったりします。

腎皮質壊死は他のタイプの急性腎不全と似ているため、診断は困難です。素因となる条件をもつ人で尿の出が突然減少したり止まってしまった場合には、腎皮質壊死が疑われます。

血液検査で、白血球数の増加と異常な形をした赤血球がみられます。さらに、LDH(乳酸脱水素酵素)など腎組織が損傷を受けたときに放出される物質の増加もみられます。産生される少量の尿には、腎細胞などの壊死組織片とともに、タンパク質や多数の白血球と赤血球が入っています。

超音波検査で腎臓をみると、最初のうちは腫れて大きくなっている様子がわかりますが、6〜8週間すると正常の大きさの約半分に縮みます。X線画像でカルシウム沈着の所見があれば腎皮質壊死が示唆されますが、沈着がみられる割合は20〜50%程度です。CT検査を行って診断を確定します。腎生検や動脈造影では重要なデータが得られますが、これらの検査はリスクを伴うため、ほとんどのケースで行われません。

治療

腎皮質壊死では基礎にある病気をまず治す必要があり、治療は往々にして複雑です。腎不全には透析が必要になりますが、20〜40%では部分的に回復し、数カ月後には透析を中止できるほど腎機能を取り戻します。しかし、腎皮質壊死を起こした人の大半は、腎移植を受けるか透析を一生続ける以外に治療法はありません。

個人情報の取扱いご利用条件