メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腎静脈血栓症

-
-

腎静脈血栓症とは、腎臓から血液を運び出す腎静脈が閉塞してしまう状態です。

成人の腎静脈血栓症は通常、ネフローゼ症候群(大量のタンパク質が尿の中に漏れ出てしまう病気)を引き起こす他の腎疾患に伴って生じます。また腎静脈血栓症は、腎臓に癌(がん)や腫瘍ができて、腎静脈や腎静脈が流れこむ下大静脈という血管が圧迫されたために生じることもあります。原因としてはこのほか、経口避妊薬の使用や外傷、まれに全身のさまざまな静脈で血栓が次々に発生する遊走性血栓性静脈炎があります。

症状と診断

腎静脈閉塞は、通常は徐々に進行し慢性の経過をたどりますが、突然発症する急性のものもあります。発症のしかたが慢性と急性のいずれであるかによって、腎静脈血栓症の以後の経過も違ってきます。

成人の腎静脈閉塞は、通常は徐々に発症・進行し症状を伴わないため、病気があることに気づかないまま時が経過してしまいます。ときに腎静脈の血管壁にできた血栓の一部がはがれ、肺に流れていって肺塞栓症(肺塞栓症を参照)を起こしたために、この病気が見つかることがあります。肺塞栓症の特徴的な症状は突然起こる胸痛で、呼吸をすると痛みが強まり、息切れも起こります。尿の産生量が低下する場合もあります。

小児の大半と成人の一部では、発症と進行が急激で症状を伴うため、病気があることがすぐに判明します。痛みが最初の症状であることが多く、主に背中の肋骨下部や腰に生じます。発熱、尿量の低下、尿中へのタンパク質や血液の漏出、体液や塩分(ナトリウム)の貯留による組織の腫れ(浮腫)がみられます。血液検査は、白血球数の異常な高値や腎不全の徴候を示します。

超音波検査を行うと、閉塞が突然起こった場合は腎臓の腫大がみられ、閉塞が徐々に起こった場合は腎臓の萎縮(いしゅく)がみられます。静脈性尿路造影や放射性核種スキャンなど、他の画像診断法で腎機能の低下が確認されます。X線を使った下大静脈や腎静脈の静脈造影を行うと閉塞の部位がわかり、ドップラー超音波検査も有用です。さらにデータが必要な場合は、CT検査や腎動脈の血管造影を行います。

経過の見通しと治療

経過の見通し(予後)は、血栓症の原因、合併症、腎臓への損傷の程度によります。腎静脈血栓症が原因で死亡することはめったになく、死亡の多くは、命にかかわる基礎疾患や肺塞栓症などの合併症が原因です。腎機能への影響は、損傷を受けた腎臓が片方なのか両方なのか、血流の回復程度、閉塞が起こる前の腎機能の状態などによって決まります。

抗凝固薬を使った治療が主で、新たに血栓が形成されるのを防ぐことで腎機能を改善し、肺塞栓症のリスクを下げることができます。血栓溶解薬を使って血栓を溶かすという新しい治療法がありますが、まだ確立した方法ではありません。まれに、手術で腎静脈の血栓を取り除くこともあります。腎臓を摘出することはまれで、高血圧などの合併症が起こった場合にしか行いません。

個人情報の取扱いご利用条件