メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腎性糖尿

-
-

腎性糖尿では、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)は正常または正常以下であるにもかかわらず、ブドウ糖が尿に排出されます。

ブドウ糖が尿に排出されるのは、通常は血液中のブドウ糖濃度が非常に高い場合に限られます。健康な人の大半で、腎臓で血液からろ過されたブドウ糖は、すべて再吸収されて血液中に戻ります。腎性糖尿の人では、血液中のブドウ糖濃度は正常または正常以下なのに、ブドウ糖が再吸収されずに尿中に排出されてしまいます。これは、尿細管の細胞に異常があり、ブドウ糖を再吸収する力が低下しているために起こります。腎性糖尿は遺伝性の場合があります。

腎性糖尿は特に症状はなく、重大な影響が出ることもありません。血糖値は正常なのに通常の尿検査で尿にブドウ糖が検出される場合に、腎性糖尿と診断されます。ただし、ごく一部の人では腎性糖尿が糖尿病の初期の徴候の場合があります。治療は必要ありません。

個人情報の取扱いご利用条件