メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

尿道炎

-
-

尿道炎は、尿を膀胱から体の外に排出する尿道が感染により炎症を起こした状態です。

尿道炎は、細菌、真菌、ウイルスによって起こります。女性の場合、これらの微生物は一般に腟から尿道に入ります。腸管下部の細菌が肛門を経て腟に入るケースが大部分です。男性の場合は、尿道の開口部は肛門から離れていて、性交時にも簡単に傷つくことはないため、尿道炎を起こすことはあまりありません。

淋菌(りんきん)など性行為でうつる微生物は、パートナーが感染していると性交時に尿道に感染します(性感染症: 淋菌感染症を参照)。クラミジアや単純ヘルペスウイルスも性行為で感染することが多く、尿道炎を引き起こします(性感染症: 非淋菌性尿道炎とクラミジア子宮頸管炎を参照)。男性の尿道炎の多くは淋菌が原因です(淋菌性尿道炎)。この菌は女性の尿道に感染することもありますが、腟、子宮の頸部(けいぶ)や体部、卵巣、卵管の感染の方が多くみられます。ごく小さな寄生虫のトリコモナスも、男性の尿道炎を引き起こします。

症状

女性が尿道炎になると、排尿時の痛みが徐々に生じてきます。腟炎を起こしている場合にも、排尿時に痛みが生じます。酸性の尿が炎症を起こしている陰唇を通過するときに焼けつくような痛みが生じます。男性の場合は、尿道からの分泌物が尿道炎の最初の症状になります。分泌物には、淋菌性であれば黄緑色の膿(うみ)、非淋菌性であれば透明な粘液が混じっています。男性の尿道炎ではこのほか、排尿時に痛みがあったり、頻繁に切迫した尿意がみられるなどの症状が現れます。

尿道の淋菌感染を放置したり治療が不十分だったりすると、やがて尿道の狭窄が生じます。狭窄すると、感染症が膀胱炎や腎臓の腎盂腎炎に進行する危険度が高まります。淋菌感染症(淋病)を治療しないでいると、尿道周囲に膿がたまって膿瘍になることがあります。膿瘍によって尿道壁の一部が袋状にふくらみ(尿道憩室)、この部分にも感染が起こります。膿瘍が破れて皮膚に穴があくと、この新たにできた異常な通路(尿道瘻[にょうどうろう])を通って尿が流れるようになります。

診断、予防、治療

尿道炎は症状だけで診断できます。分泌物がみられる場合には、柔らかい綿棒を尿道下端に挿入して少量の分泌物を採取します。この綿棒を検査室で分析して細菌を同定します。

尿道炎を引き起こす性感染症は、コンドームを使うことで予防できます。治療は感染の原因によって異なります。細菌感染症には抗生物質を投与します。真菌感染症の治療には抗真菌薬を使います。単純ヘルペス感染症には、アシクロビルのような抗ウイルス薬が必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件