メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

尿管炎

-
-

尿管炎は、腎臓と膀胱を結ぶ管(尿管)の片方または両方が感染により炎症を起こした状態です。

尿管炎の原因としては、腎臓や膀胱の感染が波及して起こるパターンが最も多くみられます。このほか、尿管部に神経障害があって尿の流れが遅くなることが原因の場合もあります。基礎にある腎臓や膀胱の感染は、抗生物質で治療します。尿管部に神経障害がある場合は、その部分を手術で取り除く必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件